fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

通学用自転車に阪急マルーンを塗装する(1)

今日は管理人は高校の宿泊研修らしいものがあり、家に居りませんので、代わりにbanban(父)がお届けします。

管理人は高校に入学してまだ1週間しか経っていないのに、宿泊研修とはまた気合の入った教育だなあと感心しております。公立高校でも府の施設を使用し積極的に指導方針の徹底や教員・生徒間の親睦などを高めることが目的らしいです。なるほど。

で、前置きが長くなりましたが、せっかくのこの機会に掲載しようと思っていたのが、”通学用自転車に阪急マルーンを塗装する”です。少しずつではありますが、当ブログにちょくちょく登場している”マルーン号弐号機”が、ただのママチャリから大変身する姿を紹介したいと思います。

hk-bike-10.jpg

この時点ではただのママチャリです。管理人が中学入学のときに購入してもらったので3年落ちとなります。
嫁さんやじいちゃん、ばあちゃんの「高校入学お祝いに自転車買ってあげる!」の甘い誘いを全て断り、自転車乗り歴40年、塗装屋歴20年のプライドにかけてもこの自転車をピカピカにしてやる、と意気込んだのが始まりです。

hk-bike-11.jpg

で、作業開始です。一応名目上は全般検査と位置づけておりますので各部品を可能な限り分解します。
ボディー部分は錆や旧塗膜を完全に落として再塗装。足回り部は部品の点検・交換・グリスアップなどを行います。

hk-bike-12.jpg

hk-bike-13.jpg

3年間屋根の無いところに駐車していると錆が進行して大変な状態になっていました。
おそらく国産車ではないこの自転車。生地の状態に1回塗装のみと思われます。
そこで、ここまで錆が進行すると手作業で錆落しは困難なので、1つ目の刺客登場です。

hk-bike-14.jpg

ショットブラスト装置です。会社の都合で機械の全貌はお見せできませんが、写真のようにターンテーブルの上に対象物を置いて起動すると、微粒な鉄粉が高圧で吹き付けられて錆や黒皮皮膜、塗装皮膜などが剥がれ落ちるという優れものです。

hk-bike-15.jpg

hk-bike-16.jpg

ものの5分ほどで見違えるように綺麗になります。この作業を手作業でやると上の2つの部品だけでも30分~1時間はかかります。機械さまさまです。

hk-bike-18.jpg

hk-bike-19.jpg

本体フレームもご覧のとおり。
このあと、ボディー部は下塗り塗装に入ります。次に登場するのは第2の刺客”カチオン電着塗装”ですが続きは明日にしたいと思います。また見てください。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2016/04/14(木) 23:25:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<通学用自転車に阪急マルーンを塗装する(2) | ホーム | 京都市バスの新型エルガに乗車する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/842-d90a9233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク