fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

南海高野線に乗って高野山に行く(9.特急こうや号に乗車する・終)

こんばんは。管理人です。

今日も先月17日の南海高野線乗車記をお送りします。この記事は今回が最終回となります。前回は極楽橋駅で途中下車をして駅周辺を散策する内容でした。

nk2300-3.jpg

極楽橋駅に停車中の各駅停車橋本行きです。山岳区間を走る各駅停車のうち、2両編成の2300系ではワンマン運転が行なわれます。

nk2300-4.jpg

2300系に取り付けられているヘッドマークは編成毎にデザインが異なっていて、こちらはモハ2351のものです。こうや花鉄道という路線の愛称と4代目のケーブルカーに加えて高野山の名所が描かれています。

nk30000-6.jpg

これから乗車するのは特急こうや号難波行きです。高野山駅を出発した時間的には先発の各駅停車に乗って橋本駅で急行に乗り継ぐ方が早かったのですが、せっかくの高野線に乗る機会でしたのでこの列車を待ちました。

nk30000-7.jpg

乗車口には車両とホームの間に大きな隙間があります。山岳区間にはここよりも急なカーブ上に設けられた駅もありますが、乗る前から山岳区間の路線環境を感じられました。

nk-kamikosawa-2.jpg

行き違い設備が撤去された上古沢駅を通過するところです。数年前の災害で地すべりが起こったことから片方の線路が撤去されていて、現在は土砂崩れを防ぐ工事が進められています。

nk-hashimoto-8.jpg

山岳区間を走破して橋本に到着しました。山を下りる際は急な下り勾配を慎重に走りますが、この駅を出るとまるで性格が変わったかのように高速で飛ばす光景が印象に残りました。

nk30000-8.jpg

今回乗車した30000系の車内です。デッキ部分や座席は昔ながらの見た目となっていますが、座り心地は大変良かったほか揺れなども少なく快適でした。この車両に限らず山岳区間を走る形式は枕バネ付きの頑丈な台車を履いているので、都市部を走る際にもその安定性を感じました。

nk30000-9.jpg

帰り道は阪急線方面への乗り換えが楽な天下茶屋駅で下車しました。こうや号に乗車して山岳区間と都市部で異なる走り方を体験できて良かったです。また乗りたいと思った電車でした。

os-tengachaya-1.jpg

天下茶屋駅からは地下鉄堺筋線に乗車しました。この日は日曜日で、京都河原町駅まで直通の堺筋準急がまだ走っている時間でしたので、西京極駅まで1本の電車で帰ることが出来ました。

このシリーズはこれで終了となります。観光列車「天空」と特急こうや号で高野線の山岳区間を存分に楽しめました。

明後日からはようやく今年の活動を紹介できます。お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2024/01/20(土) 23:08:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(父)のサイクリング初詣2024・・17社詣で(3) | ホーム | 南海高野線に乗って高野山に行く(8.極楽橋駅で色々と撮影する)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/3684-d98fc85f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク