fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

南海高野線に乗って高野山に行く(8.極楽橋駅で色々と撮影する)

こんばんは。管理人です。

今日も先月17日の南海高野線乗車記をお送りします。前回は高野山内を少し観光する様子を紹介しています。

nk-cablecar-9.jpg

高野山駅に帰りのケーブルカーが到着しました。スイス製の客車は赤いカラーリングと大きな窓が特徴で、車内外共に優れたデザインであるように思いました。

nk2200-24.jpg

極楽橋駅に着くと観光列車「天空」が到着したところでした。

nk2200-25.jpg

この日は橋本駅から天空号に乗車しましたが、橋本駅では記録出来なかった反対側の側面をここで記録しました。高野山に向かって左側の側面は改造種車の窓がそのまま使われていて、片方の扉が塞がれている箇所以外はかつて高野線で活躍した「ズームカー」の面影を残しています。

nk2200-26.jpg

2号車のモハ2208は隣に自由席車が連結されるので、基本的に先頭には出ないようです。ちなみに、現在も支線区で活躍する2200系はパンタグラフを1つのみ上げて走行していますが、天空号に使用される編成は2つとも上げています。

nk2000-16.jpg

この日の天空号自由席車は2000系でした。日立製のGTO-VVVFインバーターを搭載していて、加減速時に「ブオーン♪ブウーン♪」という低い爆音を出すのが特徴です。同世代のインバーターを搭載する南海線の1000系が軽やかな音を出すのとはまるで対照的な電車です。

nk-gokurakubashi-8.jpg

極楽橋駅では途中下車が出来るので、帰りの電車を待つ間に駅を出て少し散策しました。

nk-gokurakubashi-9.jpg

この駅は山奥の人家がほとんど無い川沿いにあり、駅前は静かな空気が流れていました。南海高野線は2019年6月にも全線を乗り通していて、その時は新緑の木々が綺麗でしたが、今回は真冬に訪れたことで異なる季節の風情を対比出来ました。沿線が自然豊かなので、どの季節に訪れても楽しめる路線だと思います。

nk-gokurakubashi-10.jpg

川沿いの道を歩いて線路際の撮影場所を目指しました。写真奥の赤い橋がある所で線路に近付くことが出来ます。

nk30000-4.jpg

極楽橋駅に到着する特急こうや号を撮影しました。先頭部が非貫通型の30000系と貫通型の31000系があり、この車両は30000系です。高野線の特急といえばこの車両というイメージがあるので、山岳区間で記録できて良かったです。

nk30000-5.jpg

難波寄りの先頭車はパンタグラフが載っていて「前パン」の表情となります。

この日はせっかく高野線を乗り通したので、帰りはこうや号で山を下りました。このシリーズは明日のこうや号乗車記が最終回となります。お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2024/01/19(金) 23:43:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南海高野線に乗って高野山に行く(9.特急こうや号に乗車する・終) | ホーム | (父)のサイクリング初詣2024・・17社詣で(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/3683-25ff686a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク