fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

エコノミーキットで113系3800番台を作る(11.車両全体の小パーツ類を作る)

こんばんは。管理人です。

今日も模型製作記をお送りします。前回は113系3800番台の車体塗装を進める内容でした。

jrw113-3800-n-76.jpg

クモハ113に付ける床下機器パーツです。実車は制御装置と抵抗器を搭載しているので、形状がかなり近いグリーンマックス(GM)製のパーツを用意しました。

jrw113-3800-n-77.jpg

パーツを取り付ける側の鉄コレ用動力に合わせて床下機器の部分だけを切り取って、薄い0.3mm厚のプラ板に貼り付けてユニット式にしておくことで塗装が楽に出来ます。

jrw113-3800-n-78.jpg

先頭部の列車無線と信号炎管を取り付けて、その横にある屋根上の手すりも真ちゅう線から作りました。前回作品の105系でも手すりの工作を行なったので、今回はそれよりもスムーズに工作が出来ました。

jrw113-3800-n-79.jpg

クモハ112の前面にある手すりも真ちゅう線から作りました。標準的な前面の113系は手すりが大きいので、立体化することでより実感的な仕上がりになります。

jrw113-3800-n-80.jpg

クモハ113のジャンパ栓はGM製品を使用していましたが、細いホース部分は強度面で不安があったので車体側の受け台を残してホース部分のみ真ちゅう線で作り直しました。こちらの方が強度も見た目も優れていると思います。

jrw113-3800-n-81.jpg

真ちゅう線で作ったジャンパ栓は小さいプラ板を介して前面の裏に固定する構造にしています。

jrw113-3800-n-82.jpg

クモハ113のスカートは一度制作していましたが、より良い形状を目指すべく作り直しました。

jrw113-3800-n-83.jpg

新しいスカートでは構造を見直して、表面と側面を別々に作ることで細かい角度の違いと薄さを両立させました。手順としては、表面を0.5mm厚のプラ板で作ってから側面は0.5mm四方のプラ棒を使って厚みを作るという内容です。側面部分を作るタイミングで車体に取り付ける際の糊しろとなる切り欠きも作っておきました。

jrw113-3800-n-84.jpg

自作したスカートを車体と合わせてみました。鉄道車両に付くスカートのイメージにかなり近付いたかと思います。

この後は完成前最後の仕上げに入ります。製作記の続きは明日にお送りします。お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2023/12/10(日) 22:19:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エコノミーキットで113系3800番台を作る(12.車体の最終仕上げを進める) | ホーム | (父)のサイクリング撮影記・・マルーン号で3週連続で下山駅まで駆ける(3-3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/3642-22b5c720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク