fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

エコノミーキットで113系3800番台を作る(6.前面周りのパーツと動力組み込み化)

こんばんは。管理人です。

今日は模型製作記をお送りします。GMエコノミーキットから113系3800番台を製作しています。前回は前面周りのパーツを取り付ける内容でした。

jrw113-3800-n-38.jpg

クモハ112のスカートはキット付属のものを使用します。連結器とその横のジャンパー栓受けは立体的な別パーツを使うべく元のモールドは全て削り落としました。説明書通りに床板を組むとスカートが浮くのが気になったので、浮く部分を切り取ってからプラ板で足りない部分を補っています。

jrw113-3800-n-39.jpg

連結器胴受けとジャンパー栓受けはKATOから製品化されている115系用のASSYパーツを使用します。最近にも115系300番台が同社から発売されているので、比較的入手しやすい商品かと思います。

jrw113-3800-n-40.jpg

スカートに取り付けました。モールドが手前に出っ張るのでより実感的な印象になります。

jrw113-3800-n-41.jpg

車体と合わせるとちょうど良い位置に胴受けが来る点がしっくりときます。

jrw113-3800-n-42.jpg

動力はクモハ113に組み込みます。今回は余剰となっていた鉄コレ用動力ユニットを使用するので、そちらの台枠の切り欠きに合わせて車体側にプラ材で留め具を作りました。

jrw113-3800-n-43.jpg

動力を入れて高さを確認します。少し高く見えますが、実際にはスカートや連結器などたくさんのパーツが付くので、実際にはこれぐらいの高さで合っています。

jrw113-3800-n-44.jpg

動力無しの車両と編成を組んで高さを確認します。1両だけ高さが合っていないのは不自然ですので、高さの基準は動力無しの車両となります。

jrw113-3800-n-45.jpg

作業はクモハ112に戻りまして、前面窓の金属押さえ部分に真ちゅう線で支柱を作りました。この部分は細すぎてプラ材で作るのは難しいので、金属の材料が大いに役立ちました。

jrw113-46.jpg

所謂"鉄仮面"の姿となった実車の記録を見ると、天地方向の支柱部分が細いのがよく分かりますね。

この後も各パーツの取り付けが進みます。明日も模型製作記をお送りします。お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2023/11/13(月) 23:03:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エコノミーキットで113系3800番台を作る(7.パーツのさらなるグレードアップ) | ホーム | (父)、阪急のちいかわうさぎ号に乗車する!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/3615-565c884b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク