fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

エコノミーキットで113系3800番台を作る(5.クモハ112の鉄仮面を作る)

こんばんは。管理人です。

今日は模型製作記をお送りします。先日、福知山に行って113系5300番台に乗車したことで113系製作のモチベーションが上がったところで、現在製作中の3800番台も頑張って進めようと思います。

jrw113-3800-8.jpg
(父)撮影

まずはクモハ112の実車資料です。撮影時期からして3800番台の活躍末期の記録と思われますので、前面窓押さえが金属製になった所謂"鉄仮面"の姿となっています。

jrw113-3800-n-31.jpg

113系・115系の前面窓の金属押さえパーツを発売しているメーカーはあるものの、小売店の店頭で入手できなかったので自分で製作します。窓のサイズに合わせて切り出したプラ板をを車体にあてがい、角を落として整形を行ないます。

jrw113-3800-n-32.jpg

窓の形に合わせて整形をすると、ただのプラ板からの製作でも概ねイメージ通りになったかと思います。

jrw113-3800-n-33.jpg

警笛を鳴らすタイフォンはグリーンマックス製のパーツを使用しました。シャッター式、回転式、おわん形、スリット式の4つのタイプが4両分ずつ入ったパーツセットで、多様な形態の国鉄型車両に対応しています。

jrw113-3800-n-34.jpg

タイフォンカバーはヘッドライトの横に付きます。今回は福知山区に所属する113系に見られるおわん形のタイフォンを取り付けました。付いている部品が増えると一気に表情が引き締まって見えます。

jrw113-3800-n-35.jpg

平面顔のクモハ113も前面の工作を進めます。こちらは窓枠とヘッドライトをプラ板から自作し、下の方にある後部標識灯は真ちゅうパイプを薄くスライスしてそれらしく見立てています。

jrw113-3800-n-36.jpg

中が空洞になっている真ちゅうパイプは灯具類の製作以外にも屋根上の配管などにも使えるので、工作を進める上で大変重宝するアイテムです。

jrw113-3800-n-37.jpg

クモハ113の大きな特徴である前面の黄色い補強板もプラ板から製作します。裏側と車体側にプラ角棒を接着して、互いにかみ合わせることで高さを合わせる仕組みにしています。

この後も前面の製作は続きます。この続きは旅行記の合間にお送りします。お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2023/10/14(土) 22:50:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(父)のサイクリング撮影記・・マルーン号で妙見口まで駆ける(4) | ホーム | 今日はブログのお誕生日!(祝10周年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/3585-6c8f5f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク