fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

大型連休に行く仙台・福島旅行(9.東塩釜駅で仙石線205系を観察する)

こんばんは。管理人です。

今日も昨日に引き続き5月の東北旅行記をお送りします。前回は仙石線のあおば通駅から205系に乗車した内容でした。

jre205-27.jpg

あおば通から普通列車東塩釜行き841Sに乗車して、終点の東塩釜に到着しました。この駅はホームが3線あるほか、構内には留置線があります。

jre205-28.jpg

クハ205形のトイレ設置部分と扉横の半自動ボタンです。仙石線は営業キロが49.0kmの路線ですが、少し特殊な環境であるがゆえに通勤電車の205系に長距離路線で見られる設備が付いているのが印象に残りました。

jre205-29.jpg

仙石線の205系は全編成の両端が中間車からの先頭車化改造車で揃えられているほか、中間の動力ユニットも扉ボタン設置などの改造を受けているので編成中の全車が3100番台に改番されています。現在の番号の下には元の番号の痕が残っていて、写真のクハ205-3114はサハ205ー57からの改造のようです。車歴を調べると元は11両編成で山手線を走っていた車両だったようです。

jre205-30.jpg

ここまで乗車してきたM14編成の折り返しを見送りました。

jre205-31.jpg

乗車した電車の1本後を走っていた普通列車東塩釜行き843SのM3編成が到着しました。

jre205-32.jpg

今回は停車時間を利用して車内の記録をしました。仙石線の205系の中でも帯色が青色の濃淡ではない編成は車内の仕様が異なっていて、クハ205形の座席がロングシートとクロスシートに切り替えが出来る「2wayシート」という設備を持っています。現在はロングシート状態での運用が多いようですが、1席ずつ区切られた形状になっているので205系の標準的なロングシートとは座り心地が異なっています。

jre205-33.jpg

2wayシートは背面が高いのが特徴で、外側からも座席が見えます。編成中の他の3両は標準的なロングシートのままですので、この座席はよく目立っていました。

jre205-34.jpg

クハ205形に2wayシートが設置されている編成は全部で5編成あり、中でもマンガッタンライナーのラッピングが施されていない編成は各車両毎に帯色が異なっています。帯色は下り方から順にピンク・オレンジ・紫・緑で、それぞれが濃淡の2色帯となっています。標準的な青の濃淡帯もかっこいいですが、こちらのカラーリングはカラフルな見た目が印象に残りました。

jre205-35.jpg

上り方先頭のクハ204形です。緑色の濃淡帯が鮮やかですね。

jre205-36.jpg

こちらも折り返しの発車を見送りました。この後は引き続き仙石線に乗車して終点の石巻駅を目指しました。続きは明後日にお送りします。お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2023/07/11(火) 23:13:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(父)のサイクリング撮影記・・7週連続で石橋阪大前駅まで駆ける(3週目) | ホーム | 大型連休に行く仙台・福島旅行(8.あおば通駅から仙石線に乗車する)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/3490-a7dc276b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク