fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

大型連休に行く仙台・福島旅行(2.品川から常磐線の列車に乗車する)

こんばんは。管理人です。

今日も5月の東北旅行の内容をお送りします。前回は東海道新幹線で品川駅に降り立つところまでを紹介しています。

jre-shinagawa-9.jpg

品川駅の在来線改札口にある発車案内表示です。左側に東北本線・高崎線・常磐線方面の列車が表示されていて、今回は10時16分発の快速土浦行きに乗車しました。

jreE531-1.jpg

10番線には乗車する快速土浦行き1153Mが既に停車中でした。常磐線は取手駅を越えた先で架線の電気が直流から交流に切り替わるので、品川・上野から土浦や水戸まで走る列車は交直流電車のE531系が充当されています。

jreE531-2.jpg

常磐線の快速列車は品川発着の列車が多く設定されていますが、正式には日暮里~東京は東北本線、東京~品川は東海道本線となるので、品川駅の時点では「常磐線直通」と表示されていました。

jreE657-1.jpg

向かい側の9番線には先発の特急ときわ57号勝田行きが停車中でした。常磐線の特急列車には専用のE657系が使用されていて、アイボリーを基調とした車体に薄い紫色がアクセントになっていてかっこいいですね。

jre-shinagawa-10.jpg

品川を発車してしばらくは山手線や京浜東北線の電車と併走しました。写真は品川~高輪ゲートウェイ間の車窓で、各所で開発が進められているのが印象的でした。

jre-tokyo-3.jpg

東京に到着する直前には丸の内口の丸屋根駅舎が見られます。長い歴史のある建物で、今もなお美しい内外装が魅力的ですね。

jreE531-3.jpg

品川から乗車したのは15両編成の電車の前から13両目で、カーブを曲がる箇所では前の車両が何両も見えるのが首都圏らしいと感じました。15両編成の電車が走っている東海道線などでは「短い10両編成」と案内される辺りに首都圏の人の多さを実感出来ます。

jre-joban-line-1.jpg

日暮里で常磐線に入り、北千住~綾瀬で荒川を渡る区間の車窓です。北千住を過ぎると地下から常磐線の各駅停車が走る線路が出てきて、取手までは複々線となっています。

この後も常磐線の旅は続きます。続きは明後日にお送りします。お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2023/06/27(火) 23:07:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(父)のサイクリング撮影記・・自転車で大垣まで駆ける(2-2) | ホーム | (父)のサイクリング撮影記・・自転車で大垣まで駆ける(2-1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/3476-f14e55ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク