fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

中央本線で行く長野旅行(11.長野電鉄信濃竹原駅)

こんばんは。管理人です。

今日も3月21日からの長野旅行の記事をお送りします。前回は長野電鉄の夜間瀬駅を紹介しています。

ng3000-11.jpg

夜間瀬駅から信州中野行きの電車に乗って、隣の信濃竹原駅で下車しました。

ng-shinanotakehara-5.jpg

信濃竹原駅は相対式ホームになっていて、線路が2本あるので列車の行き違いが出来ます。また、この駅も夜間瀬駅と同じようにホームの端が骨組みに木の板切れを張っただけの構造になっていて、踏むと木が軋む感触が良かったです。

ng-shinanotakehara-6.jpg

長野方面へ向かうホームには階段のみが設置されていて、そちらも板切れが張ってあるだけの簡素な構造です。

ng-shinanotakehara-7.jpg

この駅は大変趣のある駅舎が残っています。駅前の電話ボックスや郵便箱も古いタイプのものと思われます。

ng-shinanotakehara-8.jpg

駅名の字体や軒先の雰囲気がとても良かったです。現在は残念ながら駅舎は使われていないので、入口は施錠されていて中には入れませんでした。

ng-shinanotakehara-9.jpg

駅舎内部の様子は窓の外からでも見られました。乗車券を売っていたと見られる窓口の横にある一段低い台はチッキとも呼ばれた小荷物用の窓口と思われます。かつてはこのような小荷物を取り扱うための窓口が全国各地の駅で見られたそうです。

ng-shinanotakehara-10.jpg

かつての窓口には平成9年当時の運賃表が残っていました。信州中野から先の木島線と須坂で分岐していた屋代線が現役だった頃の貴重な記録です。

ng-shinanotakehara-11.jpg

ホーム側の軒先もとても良い雰囲気でした。ホーロー看板に書かれたひらがなの駅名もとても良かったです。

ng-shinanotakehara-12.jpg

駅舎が無い側の長野方面へ向かうホームには待合室が設けられています。

この後は湯田中方面に向かうべく電車の到着を待ちました。次回もお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2023/04/21(金) 23:33:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<(父)のサイクリング撮影記・・マルーン号で正雀まで駆ける(1) | ホーム | (父)のサイクリング撮影記・・マルーン号で石橋阪大前駅まで駆ける(2)>>

コメント

駅舎内はまさに...

ここの駅舎内、まるでタイムカプセルみたいになってますね。
こうして途中下車してみないと分からないことが多いのも、ローカル線旅の面白いところだと思います。
  1. 2023/04/23(日) 21:09:56 |
  2. URL |
  3. うらたつき #9MBBB9Tg
  4. [ 編集 ]

Re:

うらたつき 様

いつも閲覧、コメントありがとうございます。

長い間時が止まったままの所が残っているのはローカル線の良さだと思います。途中下車をすると新たな発見があるので、今後も積極的に行いたいです。

今後とも応援のほど宜しくお願いします。
  1. 2023/04/23(日) 23:32:32 |
  2. URL |
  3. ban7310 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/3409-f870ed21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク