fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

中央本線で行く長野旅行(4.辰野経由の中央本線旧線に乗る)

こんばんは。管理人です。

今日も前回に引き続き3月21日からの長野旅行の記事をお送りします。前回は中央西線の中津川から塩尻まで普通列車に乗った様子を紹介しています。

jreE127-23.jpg

今回の旅行では長野を目的地としていたのですが、早く着く必要も無いので中央本線の旧線に寄り道をしました。塩尻から乗車したのは普通列車辰野行き160Mです。小野・信濃川島方面に向かう岡谷~塩尻の区間は辰野線とも呼ばれていて、辰野~塩尻の区間ではかつては「ミニエコー」の愛称があった123系が走っていましたが、現在はE127系100番台が主に走っています。

jreE127-24.jpg

E127系100番台は大糸線や篠ノ井線・信越本線(松本~長野)で主に活躍していて、そちらの方が多くの編成を見ることが出来ます。そんな中で辰野線のE127系に乗りたかった理由が細部の観察がゆっくりと出来ることにありました。6月にKATOから新製品として発売されるものを既に予約していて、グレードアップの参考にするべく実車を見に行くことも今回の旅行の目的に含まれておりました。

jre-shiojiri-13.jpg

塩尻を発車しました。ここまで乗って来た中央西線を右に見ながら、しばらくは構内の留置線に沿って走ります。

jre-shiojiri-14.jpg

中央東線と分かれて辰野線区間に入りました。みどり湖経由の高規格な新線がとても立派に感じられました。

jre-chuo-line-1.jpg

みどり湖経由の新線と分かれてからしばらく上り勾配が続きます。勾配を進む途中で横から線路が現れる場所があり、それがかつて存在した東塩尻信号場の跡地です。現在の列車が走る線路と並行するようにして廃線跡が残っていますが、これは信号場がスイッチバック式だったことの名残のようです。

jre-chuo-line-2.jpg

廃線跡を辿っていくとホームが残っています。信号場ながら臨時駅扱いで旅客の乗降も行なっていたことがあるらしく、当時は駅名標もあったそうです。東塩尻信号場は現在のみどり湖経由の新線が開通した際に廃止されています。

jre-ono-1.jpg

塩尻から9.9km進んで1駅目の小野に到着しました。この駅は行き違い設備のある相対式ホームの駅です。

jre-shinano-kawashima-2.jpg

2駅目の信濃川島に到着しました。この駅は行き違いが出来ない棒線駅で、駅周辺に特に何も無いのが印象に残りました。

jre-tatsuno-9.jpg

飯田線と接続する辰野駅に近づくと人家や商業施設が線路の近くに見られるようになります。

jre-tatsuno-10.jpg

右側から飯田線が合流して辰野駅に入線するところです。勾配が続く難所を軽々と越えるE127系に乗れてよかったです。

次回は辰野駅で撮影した記録を紹介します。お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2023/04/05(水) 23:29:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(父)のサイクリング撮影記・・2週続けて正雀に行く(2) | ホーム | (父)のサイクリング撮影記・・2週続けて正雀に行く(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/3393-4b394e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク