FC2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

春の長野・富山乗りつぶし旅行記(10.元小田急ロマンスカーHiSEに乗る)

こんばんは。管理人です。今日も昨日に引き続き春の旅行記をお送りします。前回は長野駅から長野電鉄に乗車するところまでを掲載しています。

ng1000-1.jpg

前回の記事で信州中野駅まで行った様子を掲載しましたが、それはとある列車に乗りたかったからです。これから乗車するのはB特急「ゆけむり」長野行きです。元小田急ロマンスカーの10000形「HiSE」が長野電鉄に譲渡されて特急「ゆけむり」として走っています。長野電鉄のホームページに掲載されている時刻表から特急列車の車種を絞り込めるので、今回はそれと照らし合わせて信州中野から乗車しました。

ng1000-2.jpg

小田急ロマンスカーの代名詞ともいえる先頭の展望席は長野でも楽しめます。小田急時代とは異なり長野電鉄の特急列車は特急料金が100円な上に個室を除いて自由席なので、良い席を取るために始発駅で並ぶ方もいらっしゃるのだとか。地方私鉄でも往年の輝きが色褪せないのはやはり名車だからでしょうか。

ng1000-3.jpg

車内案内表示器と鉄道友の会ブルーリボン賞受賞プレートです。小田急ロマンスカーはほとんどの車種がこの賞を受賞しているイメージがあるのですが、それだけ優れた車両が揃っているということですね。

ng1000-4.jpg

今回は途中駅からの乗車にもかかわらず前から2列目の座席を確保出来ました。大きな曲面窓越しに見る景色は迫力があります。今度は現役の本家ロマンスカーにも乗車してみたいですね。

ng1000-5.jpg

客室内の様子です。HiSEの客室はハイデッカー構造という床を高くした構造になっていて、乗降扉と客室との間に段差がありますがその分眺望は良くなっています。

ng1000-6.jpg

展望席があるロマンスカーは運転席が車両上部にあるのですが、座席のすぐ後ろに梯子と踏み台があって乗務員さんはそこから天井を開けて運転席に入るようです。

ng1000-7.jpg

列車の終点長野に到着しました。ちなみに長野電鉄の特急列車にはA特急とB特急という2種類の種別があって、途中の停車駅数がそれぞれ異なります。

ng1000-8.jpg

車外からでもハイデッカー部分と展望席部分との窓高さの違いが見て取れますね。

ng1000-9.jpg

小田急時代は10000形という形式でしたが長野電鉄では1000系を名乗っています。
この後は以前から気になっていた駅を訪問します。続きは明後日に掲載予定です。また見てください。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2021/04/08(木) 23:26:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(父)のサイクリング撮影記(5-2)・・自転車と共に阪急正雀車庫観察 | ホーム | 春の長野・富山乗りつぶし旅行記(9.長野電鉄8500系に乗る)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/2666-6d433cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク