FC2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

エコノミーキットでJR105系を作る(2.乗務員室扉ダヨ!)

こんばんは。管理人です。今日は模型ネタで更新します。先週の記事で掲載したJR105系製作記の続きになります。今回からは実際に加工をしていきます。

N-jrw105-6.jpg

先週の模型記事の中でも紹介したとおり、今回はグリーンマックス製のJR101系エコノミーキットの中間車2両を改造します。これから作ろうとしているのは103系から改造された105系で、実車は先頭車しかありませんので乗務員室扉を探さなくてはなりません。

N-jrw105-7.jpg

とりあえず側面の車端部をカットしました。「やるときは大胆にやる」がモットーですので、"肩部分だけを残して"大きめに切り取ってしまいます。

N-jrw105-8.jpg

乗務員室扉が見つかりました。今回の生贄もとい流用元はJR113(115)系エコノミーキットの先頭車側面板に付いている改造用切り継ぎパーツです。写真中の赤い矢印で示した部分にあるパーツをこれから使用します。家で寝かせてあった余剰パーツを叩き起こしてきました。

N-jrw105-9.jpg

アチョーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!


113系は車体裾に丸みがある裾絞りと呼ばれる車体構造であるのに対して、103系(105系)は裾が真っ直ぐな車体構造になっているのでそのまま113系の乗務員室扉を切り継いでも凹凸が残ってしまいます。113系の車体に付いている丸みを解消するために側面板の裏にたくさんの切り込みを入れていきます。

N-jrw105-10.jpg

グィィィィィィィィィィィィィーーーーーー!!!!!


裏面に切れ込みを入れたら、パーツの表側に思いっきり反らせます。切れ込みからパーツを反らせていくと割と素直に垂直な側面板が出来ます。

N-jrw105-11.jpg

出来上がった乗務員室扉を嵌めて、長さが足りない部分には切り出したプラ板を付けています。結構いい感じになるのではないでしょうか。

ib-1000-21.jpg

今回の先頭車化改造の手法は東急1000系の地方私鉄向け改造車からヒントを得ています。元々は中間車だった車両に運転席を取り付けるにあたり、側面の肩部分は種車の構造を活かした上で要らない側面窓の周辺を丸ごと切り取ったところに乗務員室ユニットが設置されています。継ぎ目の長さが長くなるものの、側面の肩部分をあえて残すことで車両全体の長さが変わりにくく、切り継ぐパーツの水平が採りやすいので今回の工作に応用しました。

N-jrw105-12.jpg

ついでにトイレ部分の窓を塞ぎました。引き続きもう1両の先頭車の作業に入りたいと思います。

このシリーズの続きは後日掲載予定です。明日は先日の活動記をお送りする予定です。また見てください。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2021/01/28(木) 23:21:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1/9 特急やくも号で行く出雲路ツアー(5.一畑電車出雲大社前駅) | ホーム | (父)のサイクリング撮影記(1-2)・・向日町、クモヤクモヤにクルクモル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/2596-43ee158a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク