FC2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

中国地方完乗への道(17.水島臨海鉄道)

こんばんは。管理人です。今日は旅行記「中国地方完乗への道」の第17回をお送りします。前回は新幹線と在来線を乗り継いで倉敷で降りるところまでを掲載しています。

oth-train-370.jpg

これから乗車するのは水島臨海鉄道です。JRの倉敷駅に隣接する倉敷市駅を起点として臨海部へと至る路線です。

oth-train-371.jpg

倉敷市駅を発車してすぐに進行方向右側に見えるのがJR山陽本線との連絡線です。この路線では旅客列車の他に貨物列車も走っていて、岡山方面と直通する貨物列車がここを通るみたいです。

oth-train-372.jpg

旅客列車は平日の一部列車が2両編成である他は1両単行での運行ですのでホームの上屋も大変短い駅が多いです。

oth-train-373.jpg

浦田~弥生間の車窓風景です。臨海部に至る路線ということで工場が多く立ち並ぶ車窓をイメージしていましたが、倉敷市駅に近いところは住宅地が広がっていました。実際に行ってみないと何も分からないのがこの活動の楽しいところです。

DE10-1750-2.jpg

途中で貨物列車との行き違いがありました。JR貨物所属のDE10が牽引する列車で、関西圏でも甲種輸送などで見る機会がある番号の機関車が走っています。貨物営業を行なう路線は行き違いをする列車の種類が増えるので楽しいです。

oth-train-374.jpg

行き違い設備のある駅は貨物列車が停まれるだけの有効長を持つ配線になっているので分岐器から駅ホームまでの距離がかなりあります。

oth-train-375.jpg

水島駅でも行き違いがあります。今度は旅客列車でした。

oth-train-376.jpg

水島を出てすぐのところで線路が二手に分岐します。進行方向左側が貨物列車のみが走る線路で右側が旅客列車が走る水島本線です。

oth-train-377.jpg

貨物線と分かれてしばらくすると終点の三菱自工前駅に到着します。駅で乗客を降ろした車両は回送列車として車庫の方へと走り去っていきました。この駅で岡山県内の鉄道路線の全線乗車を達成しました。岡山県内は乗りにくい路線が少ないものの、特徴的な路線が多いので研究しながら乗りつぶしを進められます。
このあとは駅周辺を散策したいと思います。明日もこのシリーズの続きで更新します。また見てください。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2020/10/18(日) 23:28:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国地方完乗への道(18.水島臨海鉄道三菱自工前駅) | ホーム | (父)さんの近鉄1day乗りつぶし旅(2)・・吉野線に乗車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/2494-9c2304ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク