fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

エコノミーキットで伊豆急8000系を作る(6.チラ見せの美学)

こんばんは。管理人です。模型製作記「エコノミーキットで伊豆急8000系を作る」の第6回です。前回に引き続き室内工作を進めていきます。

ik8000-N-40.jpg

いよいよ色を付けていきます。室内に塗る色は基本的に手持ちの色同士を混ぜて作った1回限りの色です。

ik8000-N-41.jpg

車体内側にはロングシート部分の背もたれを取り付けています。ここで座席を分割するのには理由があって、エコノミーキットの構造を活かす上で乗り越えられない壁(高い壁かどうかはわかりません←)がありました。

ik8000-N-42.jpg

今回の工作をイラストで解説するとこんな感じです。背もたれの部分まで一体構造にしてしまうと床板を車体に嵌めるときに車体側の床板固定用の爪に引っかかるので背もたれだけ別パーツ仕立てにしてスムーズな着脱が出来るようにしています。

ik8000-N-43.jpg

座席部分に引き続き床と乗務員室内と仕切り壁に色を付けました。実車より明るい色調にしているのは車外から見たときにはっきりさせるためです。

ik8000-N-44.jpg

8000系以降の東急電車の標準であるワンハンドルマスコンもしっかりと塗り分けています。乗務員室は結構かっこよく仕上げられました。

ik8000-N-45.jpg

車両前面から覘くと見える運転席がかっこいいです。

ik8000-N-46.jpg

クロスシート部分です。各車共通の加工となります。

ik8000-N-47.jpg

ロングシート部分(室内更新車)です。先に述べたように構造上座面と背もたれを離していますが雰囲気は出ています。伊豆急8000系のTA-2編成+TB-2編成を製作したうち今回の室内工作はTB-2編成の3両のみに施工しました。この作品はまだレンタルレイアウトなどでの本格的な走行はまだ行なったことがなく(9月19日現在)、TA編成に搭載した管理人初採用のGM製コアレスモーター使用動力の性能安定性やメンテナンス性が未知数ですので動力付きの3両には室内工作を施工していません。
工作がひと段落ついたのでこのシリーズはここで一旦終了となります。今後新たな加工を施したときにはこのシリーズの続編で掲載するかもしれません。明日は管理人の活動記で更新予定です。また見てください。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2020/09/27(日) 23:17:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桑名駅の新駅舎を見に行こう(2.本題の桑名駅に到着) | ホーム | (父)さんの夏休み・・日帰り四国旅(7)・・牟岐駅から代行バスに乗る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/2473-2935f468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク