FC2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

エコノミーキットで伊豆急8000系を作る(5.高さチョイマシプラ板マシマシ)

こんばんは。管理人です。今日は久しぶりの模型製作記「エコノミーキットで伊豆急8000系を作る」をお送りします。前回(8月29日)の記事は第4回として掲載しましたので今回は第5回になります。車体周りの製作は完成しているのでここからは車内の工作を進めていきます。

ik8000-N-32.jpg

まずは床板を取り出します。作る○しみいっぱい!!ということで、"錘を載せた"GMエコノミーキットの床板に加工をします。

ik8000-N-33.jpg

ここで登場するのがお友達のプラ板君です。普段から0.3mm,0.5mm,1.2mmの3種類の厚みの板を使っています。

ik8000-N-34.jpg

同じサイズに切り出した1.2mm厚のプラ板を床板の両端に2枚重ねて載せます。真横から見るとミルフィーユの断面のように見えなくもないです。

ik8000-N-35.jpg

次に、重ねたプラ板の上を橋渡しするイメージで細長く切り出した0.5mm厚のプラ板を載せます。これで室内工作の土台が出来上がりとなります。エコノミーキットの床板に錘を載せるとその分の厚みが余計に存在するので室内工作には不向きで、それを避けるために錘を載せないままにすると車両が軽いので走行安定性が低下します。今回は錘を覆って見えないようにしてその上に座席を作りたいと思います。"走らせる"鉄道模型を如何にして精密に仕上げるかという領域に挑戦しています。

ik8000-N-36.jpg

座席パーツも全てプラ板から切り出して用意しました。伊豆急8000系の特徴の1つでもある海側のみに配置されたクロスシートを再現します。クロスシート部分だけで座面・背もたれ・肘掛けを1両あたり12個ずつ切り出して組み合わせます。山側のロングシートは東急時代のまま残っていて種車の室内更新・未更新によって仕切り板の有無が異なるのでそこも作り分けています。

ik8000-N-37.jpg

続いては先頭車の乗務員室仕切り壁を製作します。座席パーツも仕切り壁も基本的には得意技の1つである"現物合わせ"で工作しています。同じものを何百個も作るわけではないしそもそも正確な寸法なんて測れないから大体の大きさで切ればいいだろうという感じでいつも工作しています。仕切り壁は先頭車にしかなく、クロスシートにしても1両に12脚×6両分作ったところで72脚しか作らないので同じことを繰り返していればそのうち手が慣れてきます。

ik8000-N-38.jpg

仕切り壁を起こしました。

ik8000-N-39.jpg

先頭車は乗務員室の内部も全てプラ板で作っています。
この後は各パーツ毎に色を付けていきます。続きは別の記事を挿んで後日掲載予定です。明日は管理人の活動記で更新予定です。また見てください。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2020/09/24(木) 23:25:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桑名駅の新駅舎を見に行こう(1.まずはJRで大垣まで) | ホーム | 阪急正雀車庫観察(9/22・・今年10回目) / お知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ban7310.blog.fc2.com/tb.php/2470-aac2b818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク