fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

令和5年度の京都市バス新車とLED表示機の話題

こんばんは。管理人です。

今日は京都市バスの新車導入の話題をお送りします。昨年度(令和5年度)の新車も例年通り年明け辺りから納車されて市バス各路線で運行中です。市バスには通勤でいつも乗車するほか、休みの日に市内で色々な路線に乗った際に新車を見かける機会があったので、細かい部分も記録してきました。

kybus-4204-1.jpg

初めて乗車した昨年度の新車は梅津営業所(西日本ジェイアールバス委託)所属の4204号車です。昨年度の新車は大型車が三菱ふそうのエアロスター、中型車がいすゞのエルガミオという車種でそれぞれ導入されています。大型車が全てふそう製になったのは令和元(2019)年度以来で、ふそう車が少数派の営業所ではまだまだ新鮮に感じます。

kybus-4204-2.jpg

エアロスターの車内は中扉より後ろが2人掛け+1人掛けの座席配置となっていて、令和3(2021)年度の新車(大型のみ)からメーカー問わずこの仕様が導入されています。閑散路線での着席需要と混雑時の詰め込みを兼ね備えた車内レイアウトとなっているので、個人的にはかなり好きなタイプです。

kybus-4204-3.jpg

車両の換気扇は感染症対策の観点から1両に3台設置されていて、他の事業者ではあまり見られない仕様として中扉付近にも換気扇が付いています。

kybus-12line-1.jpg

昨年度の新車はフルカラーLEDの行先表示機も前年度(令和4)のレシップ製からメーカーが変更されて、廃車発生品を流用した一部車両を除いてオージ製の表示機が付いています。レシップ製とオージ製では同じ表示内容でも色味やフォントが異なるので、遠目で見ても簡単に見分けがつきます。

kybus-12line-2.jpg

側面の行先表示も比較してみました。字のフォントや色味などにそれぞれの特徴がありますが、全体的な見やすさとしてはオージ製の方が上回っているように感じます。(※個人の感想です。)

kybus-1151-1.jpg

フルカラーLEDの行先表示機は新車だけではなく従来車への換装も進んでいて、今年度の換装対象車両も新品を使用した車両はオージ製の表示機が取り付けられました。写真は洛西営業所(近鉄バス委託)所属の1151号車(2006年式・いすゞエルガ)で、洛西や横大路営業所などに幕式のまま残っていた割と古い車両がまとまって換装されました。

kybus-1148-2.jpg

2006年式のエルガは今年度(令和6)の市バス最古参グループとなりますが、洛西営業所では数台がLED化されました。写真は洛西最古参となる1148号車で、従来車に今年度のLED表示機を設置すると表示窓いっぱいのサイズになるのが写真からお分かりいただけるかと思います。

kybus-1150-2.jpg

今年度の表示機換装では新品のオージ製以外にも廃車発生品と思われるレシップ製の表示機に換装された車両もあります。市バスでは6月に系統番号の変更などを伴う大規模なダイヤ改正が予定されていて、それに先立つ3月末までに表示幕車は全滅しました。他の目撃情報などから最後まで幕式で残った車両は錦林出張所(京都バス委託)の1100番台エルガのようです。写真は錦林車庫管轄の203系統で運行中の1150号車で、今年に入って洛西営業所から転属しました。

今回は3年ぶりに京都市バスの新車を紹介しましたが、今後も乗る機会が増えるので積極的に記録していきたいです。

明日は阪急電車の記事をお送りします。お楽しみに。
スポンサーサイト



  1. 2024/04/22(月) 23:17:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク