fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

2024春の九州一周旅行(19.枕崎駅から鹿児島交通のバスで谷山駅へ)

こんばんは。管理人です。

今日も2月末の九州旅行記をお送りします。前回は指宿枕崎線の枕崎駅で撮影した記録を紹介しています。

jrk-makurazaki-10.jpg

枕崎駅の近くには灯台を模したモニュメントのようなものがあり、横には観光案内所が併設されています。

oth-bus-443.jpg

枕崎駅前のバス停から鹿児島交通の路線バスに乗車して鹿児島市街地に戻りました。指宿枕崎線は鹿児島中央から枕崎まで2時間50分ほどを要しましたが、鹿児島交通の特急バスは鹿児島市内(金生町)と枕崎を約1時間40分で結んでいるので、この後の路面電車の乗りつぶしを効率よく進めるためにも枕崎からの帰りはバスを利用しました。

oth-bus-444.jpg

枕崎駅前を15時ちょうどに発車する鹿児島方面行きのバスが到着しました。この停留所を始発として運行されるので、時間までは前回の記事で紹介した駅前の待機場にいるようです。今回乗車したバスは1566号車で、元は兵庫県内の阪急バスに在籍していた前後扉・ツーステップの車両です。

oth-bus-445.jpg

このバスは特急バスとして運行されるので、方向幕の経由地表示は鹿児島市内中心部の地名が主に書かれています。

oth-bus-446.jpg

鹿児島~枕崎を結ぶ特急バスは薩摩半島の内陸部を走るので、車窓風景は全体的に緑が多くなります。このバスは停車するバス停が少ない上に経路上は信号機や横断歩道も少ないので、減速が少なく快調に走っていました。

oth-bus-447.jpg

今回は終点までは乗らずに、路面電車の停留所が近い谷山駅前停留所で下車しました。枕崎駅からここまで1時間15分で来れたので、所要時間という鉄道利用に対する大きなアドバンテージを活かして明るいうちに路面電車の乗りつぶしを進めたいと思います。

oth-bus-448.jpg

関東や関西の事業者から様々な車種が移籍している鹿児島交通には、年式の古い車両や貴重な初期のフルノンステップ車両も在籍しているので、まるで動くバスの博物館を見ているかのようでした。写真の車両はいすゞ製のキュービックという車種で、こちらも大都市圏ではほとんど見られなくなった古い車両です。

jrk-taniyama-1.jpg

指宿枕崎線の谷山駅に寄り道をしました。近代的な高架駅となっていて、末端区間の長閑な風景とは対照的な立派な駅舎が特徴的です。

jrk-taniyama-2.jpg

架線の無い非電化の高架線は頭上の空間がすっきりとしています。ちなみに、往復共に鉄道利用だと帰りの列車は枕崎駅を15時54分に出るので、特急バスが谷山駅に着いた頃にはまだ4~5駅ほどしか進んでいない頃と思われます。内陸部を直線的な経路で走る路線バスの速さを実感しました。

blog-240407-1.jpg

枕崎からの特急バスは谷山駅前には停車しますが、路面電車が発着する谷山電停には停まらないので少しだけ歩きました。路線バスの経路に沿って進み、写真の交差点を左に折れると路面電車の電停があります。

この後は鹿児島市電の乗りつぶしを進めます。明日も旅行記の続きをお送りします。お楽しみに。
スポンサーサイト



  1. 2024/04/07(日) 23:14:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク