fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

路線バスで行く京北・南丹の旅(7.道の駅スプリングスひよしで昼食)

こんばんは。管理人です。

今日も京北・南丹方面へのバス旅の記事をお送りします。活動日は2月8日木曜日で、前回は山陰本線の日吉駅周辺での列車の撮影記録を紹介しています。

nantan-city-5.jpg

前回の記事で紹介した小道津の交差点から桂川を渡って府道19号線と府道50号線が交わる交差点に差し掛かるところです。この交差点を左折すると日吉ダム方面に繋がっています。

nantan-city-6.jpg

日吉ダムの手前にある道の駅「スプリングスひよし」に着きました。レストランや土産物店のほか、温水プールやキャンプ場も併設されたリゾート施設となっています。

nantan-city-7.jpg

入口前の顔出しパネルはバイクでツーリングをする2人組のイラストが描かれていて、本物のバイクの前輪部分が使われているのがユニークな演出でした。

nantan-city-8.jpg

レストランで昼食にしました。メニュー表の最初のページに大きく書かれていたダムカレーを注文しました。中央部の米がダムの躯体、右側のカレーがダム湖、ゆで卵がダムの前にある円形の展望橋をそれぞれイメージしていて、白米の他に古代米も添えられているのが味に変化を与えていて良かったです。

nantan-city-9.jpg

昼食後に日吉ダムを見に行きました。道の駅の建物横にある通路を抜けると遠くにダムが見えます。遠くから見てもかなり大きいのがお分かりいただけるかと思います。

nantan-city-10.jpg

写真奥が土産物店やレストランなどが入る建物で、桂川を隔てた手前側は温水プールがある建物となっています。この施設には温水プール以外にも天然温泉や岩盤浴があり、今回は時間の都合で行けませんでしたが一日中楽しめる場所になっています。

nantan-city-11.jpg

日吉ダムは近くまで行くことが出来ます。桂川の下流域に住んでいる管理人にとっては水害から守ってくれる大変ありがたい設備です。

nantan-city-12.jpg

ダムの前には円形の展望橋があり、大きなダムの躯体を真正面から見ることが出来ます。

nantan-city-13.jpg

ダムの躯体は近くで見るとかなり興味深い構造となっています。写真はダムのクレストゲートという部分で、滅多に開くことの無い非常用の水門だそうです。

nantan-city-14.jpg

向かって左側にはダム躯体の上まで繋がっているエレベーターがあるほか、内部にはダムに関係する資料を展示しているギャラリーがあるので、この後はそちらを見に行くことにしました。

この続きは明後日にお送りします。お楽しみに。
スポンサーサイト



  1. 2024/02/29(木) 23:09:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク