fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

GMキットから京急1500形を作る(2.妻面窓封鎖と窓枠削り)

こんばんは。管理人です。

今日は京急1500形製作記をお送りします。前回は開封の儀としてキットの収録内容を確認する記事を掲載しています。

kk1500-n-7.jpg

早速工作を始めていきます。このキットのプロトタイプは未更新車とされていますが、今回は実際に見たことがあって馴染み深い更新車を制作するので妻面の窓を塞ぎます。

kk1500-n-8.jpg

窓塞ぎに用いるプラ板は窓の大きさのものと裏側に貼る用の少し大きいものをそれぞれ切り出します。異なる大きさのプラ板を重ね合わせることで妻面の厚みに対応出来るほか、接着の際に糊しろにもなります。

kk1500-n-9.jpg

プラ板で窓を塞いだ車両です。この後はパテを盛って足りない厚みや車体との段差を埋めていきます。

kk1500-n-10.jpg

パテを盛りました。少し荒めに盛ってから余分な部分を削り、凹凸が残る箇所に再びパテを盛るという手順で進めると綺麗に仕上がります。

kk1500-n-11.jpg

余分なパテを削り落として綺麗な表面に仕上がりました。まるで最初から窓なんて無かったかのようです。

kk1500-n-12.jpg

同じ作業を4両分施工しました。綺麗に仕上がるとそこで満足しがちですが、この後も出来る作業から進めていきます。

kk1500-n-13.jpg

このキットは車体のモールドがはっきりしていて良いのですが、側面の窓枠は少し出っ張りすぎているように感じましたので削り落としました(写真上の車両)。窓部分の車体側に黒で色挿しをしてから窓のクリアパーツを嵌め込む方が実車のイメージには近付くかと思います。

この後は先頭車の工作に移ります。このシリーズは旅行記の合間に少しずつ出していく予定です。お楽しみに。
スポンサーサイト



  1. 2024/02/14(水) 23:08:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク