fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

エコノミーキットで113系3800番台を作る(4.パンタグラフの配管を製作する)

こんばんは。管理人です。

今日も113系3800番台の製作記をお送りします。前回は屋根上の分散クーラーを取り付ける工程を紹介しています。

jrw113-3800-n-22.jpg

ここからはパンタグラフの配管を作る工程に入ります。まずは屋根板に印を入れて配管を引く位置を決めます。

jrw113-3800-n-23.jpg

今回は0.5mmと0.3mmの2種類の真ちゅう線を使って工作を進めます。0.3mmの方は使う頻度が高いので減りが早いです。

jrw113-3800-n-24.jpg

手前側の配管は0.3mm線を2本並べて引いています。これまでの作品よりも精密に作ることが出来ました。

jrw113-3800-n-25.jpg

トイレがある側は少し太い0.5mm線を使用しました。配管の固定には柔らかい針金を使用して作業性を向上させました。

jrw113-3800-n-26.jpg

続いて用意したのはグリーンマックス製品の屋上機器パーツ(品番8072)です。いつどこで買ったのかが不明ですが、おそらくどこかの中古模型取扱店で買ったものと思われます。

jrw113-3800-n-27.jpg

この製品は避雷器や無線アンテナが数種類含まれたパーツセットで、その中にある扇風機カバー(写真の赤矢印)を今回は使用します。

jrw113-3800-n-28.jpg

扇風機カバーはパンタグラフのすぐ横に置いて、避雷器にも配管を通して完成です。実感的な配管を引くことが出来ました。

jrw113-3800-n-29.jpg

続いては車体側面の加工に移ります。今回はサボ受けとモーターの排熱ルーバーに金属パーツを使用します。

jrw113-3800-n-30.jpg

金属パーツは細い線を立体的に出せるのが利点で、より精密な造形が出せるので良い効果が得られました。

この後も車体のパーツ取り付けは進みます。次回の模型製作記はしばらく間が空きます。明後日からは日帰りの活動記をお送りします。お楽しみに。
スポンサーサイト



  1. 2023/09/29(金) 23:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク