fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

マルーン号の全般検査(1)

こんばんは。banban(父)です。
今日も自転車の記事になります。といっても活動記ではなくメンテナンスの記事になります。我が家のエース"マルーン号初号機"が数年ぶりに全般検査(主に再塗装)をすることになりました。

cycling2-32.jpg

少し前の記事で報告しましたが、マルーン号は(父)が学生の頃に中古のフレームとして購入してから28年以上の付き合いになるのですが、何度も事故ったり(内容は大小様々)、何度も塗り替えたり(重ね塗り)しながら、だましだまし使ってきました。
足回りに関しては一昨年の夏に大リニューアル工事として、ベアリング部分を刷新して走行性能(回転機構)に関しては新品に近い性能になりましたが、フレームに関しては30年以上前のフレームですので、一度塗膜を全部剥離してメンテナンスをしたいと思っておりました。

cycling2-33.jpg

で、たくさん塗り重ねられた塗膜を剥がしていく訳ですが、塗膜を剥がすついでに、元々はロードバイクだったフレームを出来るだけピストバイク風に仕上げようと思い、ロードバイク用の部品(変速機など)の取り付け穴など、ピストバイクとしては不要な部分を削り落とすことにしました。

cycling2-34.jpg

塗膜に関しましては、業務用の剥離剤とサンドペーパーを併用し、金属部分の削り落としは電動のディスクグラインダーを使用して磨いていきます。

cycling2-35.jpg

少しずつ金属部分が出てきました。

cycling2-36.jpg

ある程度塗膜が落ちたところで、次の工程に進みます。溶接部分などの細かい部分の剥離はショットブラストで落とし、(工程の都合で撮影できませんでした。)

cycling2-37.jpg

下塗りとして電着塗装を施しました。

cycling2-38.jpg

溶接部分やパイプの内部も綺麗に塗れています。

cycling2-39.jpg

自動車の下塗りにも用いられる電着塗装はかなり高い防錆効果を発揮します。

cycling2-40.jpg

フォークも綺麗に出来ました。
この後は仕上げ塗装→組み立ての工程で進みます。続きは(父)の次の記事(14日)で掲載する予定です。頑張って更新しますのでまた見てください。
スポンサーサイト



  1. 2023/02/12(日) 23:29:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク