fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

静岡県内完乗への道(8.井川線のアプト式区間に乗る)

こんばんは。管理人です。
今日も昨日に引き続き静岡県乗りつぶしシリーズをお送りします。前回は大井川鐵道の千頭駅から井川線に乗車する様子を紹介しています。

oth-train-752.jpg

井川線のアプトいちしろ駅に停車中の井川行き列車と車庫に留置されている電気機関車です。アプトいちしろ~長島ダムの間は90‰(1000m進むと90mの標高差がある)という急勾配があるので、日本で唯一のアプト式鉄道となっています。

oth-train-753.jpg

乗車中の列車の後ろから電気機関車がやってきました。この駅で連結するのがアプト式区間専用のED90という電気機関車で、車両の床下にある歯車と2本のレール間にあるラックレールを噛み合わせることで急勾配を行き来出来る仕組みです。

oth-train-754.jpg

ラックレールは3本を少しずつずらして設置されています。1つが壊れても安全なように冗長性が確保されているらしいのですが、海外のアプト式鉄道ではラックレールが1本のみの例もあるようです。

oth-train-755.jpg

ここまで客車を推進運転してきたディーゼル機関車の後ろに電気機関車を連結する場面です。ちなみにアプト式区間では電気機関車の動力のみで走行します。

oth-train-756.jpg

一般的な鉄道とさほど変わらないサイズの電気機関車ととても小さな客車が連結するので、電気機関車がとても大きく感じます。

oth-train-757.jpg

目に見えて分かる急勾配が凄いです。乗っている車両の傾き具合からも勾配を感じられました。

oth-train-758.jpg

車窓に見える長島ダムです。大井川水系では一番大きなダムです。このダムの建設に伴って井川線の一部区間が水没することになったのですが、ダムよりも高いところを走る新線が一般的な鉄道では登れないような急勾配になることからアプト式が採用されたようです。

oth-train-759.jpg

アプトいちしろから一駅の長島ダム駅で電気機関車を切り離します。

oth-train-760.jpg

今では少なくなったデッキ付きの電気機関車です。とてもいい顔をしていますね。

oth-train-761.jpg

長島ダム駅を過ぎても長島ダムのダム湖を車窓から眺められます。このダム湖の下にかつての井川線の駅が沈んでいるとのことです。

この後も井川線をさらに進みます。明日もこの続きをお送りします。また見てください。
スポンサーサイト



  1. 2021/12/18(土) 23:32:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク