fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

初秋の上信越旅行記(4.超快速で高規格なほくほく線を進む)

こんばんは。管理人です。
今日も昨日に引き続き上信越旅行記をお送りします。前回はえちごトキめき鉄道の直江津駅での撮影記録を紹介しています。

oth-train-697.jpg

これから乗車する北越急行ほくほく線の超快速スノーラビット越後湯沢行きはHK100形のイベント対応車両「ゆめぞら」と「ゆめぞらⅡ」を連結した豪華な2両編成で運転されていました。今回は赤いカラーリングが特徴の「ゆめぞらⅡ」の方に乗車したいと思います。

oth-train-698.jpg

HK100形のイベント対応車両は車内の座席が全席転換クロスシートになっています。一般仕様の車両はロングシートと固定クロスシートの組み合わせで扉付近の仕切り壁も無いので、それと比較すると豪華な車内が魅力的です。

oth-train-699.jpg

直江津を発車しました。進行方向右側にはえちごトキめき鉄道の車両基地が見えます。

jre-saigata-2.jpg

犀潟駅で信越本線から分岐してほくほく線に入ると高規格な線路設備をフル活用して高速走行を行ないます。最速達列車の超快速はHK100形の本気の走りとほくほく線の高規格な設備をじっくりと体感出来るので個人的にお気に入りの列車です。

oth-train-700.jpg

直江津を出てから2つ目の停車駅であるまつだいに到着しました。下りの超快速は今回乗車した3841Mの1本のみの設定で、ほくほく線の虫川大杉・まつだい・十日町・六日町に停車します。1日に1.5往復が設定されている超快速スノーラビットは列車によって運行パターンが異なるのが興味深い点です。

(参考:超快速の運行パターン)
上り3830M:越後湯沢発新井行き、停車駅:六日町・十日町・まつだい・虫川大杉、直江津~新井間は普通列車2324M
上り3832M:越後湯沢発直江津行き、停車駅:十日町
下り3841M:直江津発越後湯沢行き、停車駅:虫川大杉・まつだい・十日町・六日町

oth-train-701.jpg

ゆめぞら車両は車内にプロジェクターが設置されていてかつては天井にプラネタリウムを上映していたほか、間接照明が採用されているので落ち着いた雰囲気の車内空間となっています。

oth-train-702.jpg

最後の停車駅である六日町を発車するとJR上越線に入ります。六日町には北越急行の車両基地があり、上越線の列車内からでも見られます。

jre-echigoyuzawa-1.jpg

越後湯沢駅付近では上越新幹線とそこから分岐する上越線のガーラ湯沢支線が見えてきます。

oth-train-703.jpg

終点の越後湯沢に到着しました。途中の信越本線黒井駅付近での踏切遮断棒折損による安全確認の影響で約8分遅れて犀潟駅を通過しましたが、越後湯沢に着くまでに1分程回復していました。

oth-train-704.jpg

超快速スノーラビットのLED表示です。凝ったデザインのドット表示ですね。
この後はJR上越線の列車に乗り換えてこの日の目的地である土合駅を目指します。旅行記の続きは明後日にお送りします。また見てください。
スポンサーサイト



  1. 2021/09/23(木) 23:17:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク