fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

JR東海全線乗車への道(番外編2.伊豆箱根鉄道大雄山線大雄山駅)

こんばんは。管理人です。今日は7月の旅行記の続きをお送りします。このシリーズの前回記事では小田原駅から伊豆箱根鉄道の大雄山線に乗車するところまでを掲載しています。

oth-train-679.jpg

大雄山線に乗車して終点の大雄山駅にやってきました。三角の屋根が立派な駅舎です。

oth-train-680.jpg

この駅には車両基地が隣接しています。大雄山線に途中駅折り返しの列車が無いのは路線の終点に車庫があるからです。

oth-train-681.jpg

ホームの上屋は木造で趣があって良い雰囲気です。

oth-train-682.jpg

今回往復共に乗車したのは黄色い帯を巻いた電車でしたが、他にも青や緑などいくつかのカラーリングが存在していて賑やかです。

jreE231-8.jpg

小田原に戻ってきました。ここからは再びJR東日本の東海道線に乗車します。15両編成の電車は停車中に先頭車を記録するまでが遠いです。

od1000-8.jpg

JR線のホームから小田急の電車も見られます。ちょうど赤い1000形が到着するところでした。他の小田急の通勤電車は水色の帯を巻いていますが、箱根登山鉄道の小田原~箱根湯本で運用される小田急1000形は同社の電車のような赤いカラーリングが特徴です。

jre-koudu-7.jpg

東海道線に乗って国府津駅に到着しました。

jre-koudu-8.jpg

この駅からは再び「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」を使用するので、ICカードの出場履歴を付けるべく改札口に向かいます。駅構内にはグリーン車の利用を促すポスターが掲出されていました。殺人的な混雑で知られる東京の電車はグリーン車が人気なのも理解出来ます。

jre-koudu-9.jpg

国府津駅の駅舎は国鉄チックな雰囲気の建物です。
この後はこれ以上東には進まずにJR東海のエリアに戻ります。次に乗車するのはJR御殿場線です。旅行記の続きは明日に掲載します。また見てください。
スポンサーサイト



  1. 2021/08/19(木) 23:10:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク