fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

[国産連節バス]神戸市内で神姫バス「Port Loop」が運行開始

こんばんは。管理人です。今日は路線バスのネタをお送りします。今回だけで完結する単発記事となります。

今回取り上げるのは兵庫県内の広いエリアに路線を持つ神姫バスという事業者が神戸市内で4月1日から新たに運行を開始した「Port Loop(ポートループ)」という路線です。たまたま管理人の仕事の休みと重なりましたので運行初日に見てきました。

oth-bus-251.jpg

Port Loopで使用される連節バスです。黒を基調とした車体に紫と白のアクセントが入っているシックなカラーリングがかっこいいですね。この車両は近畿圏では初めての導入となる国産の連節バスで、日野自動車製のブルーリボンハイブリッド連節バスという車種になります。車体の製造と組み立てはジェイ・バスというメーカーが行なっています。

oth-bus-252.jpg

連節バスは2つもしくはそれ以上の数の車体が幌で結ばれているのが特徴で、交差点などではダイナミックな曲がり方をします。

oth-bus-253.jpg

連節バスの構造の要である幌部分です。スムーズに動くためにかなり精密に作られているのですが、国産車でもこの部分は国産化出来なかったらしいです。

oth-bus-254.jpg

Port Loopは三宮からポートタワー、ハーバーランドを経由して再び三宮に戻る循環路線で、三宮ではJRや阪神の駅に近い阪急百貨店の前に設置された専用のバス停に発着します。

oth-bus-255.jpg

連節バスの車内にある路線図です。ポートタワー前停留所を2回通る経路が設定されていますが、これは2019年に行なわれた神戸ウォーターフロント地区における連節バス等運行の実証実験で実際に走行した経路と同じです。神戸市内における連節バス等運行の実証実験は2017年~2019年に行なわれ、毎年経路や運行ダイヤが変更されました。実証実験で得られた効果や課題を基に三宮からウォーターフロント地区を結ぶ循環バスの本格運行が決定し、専用車両の連節バスが用意される運びとなりました。

oth-bus-256.jpg

車内は黒を基調とした内装になっていて、特に座席の柄がかっこいいです。連節バスは全長18mととても長いので車内の通路も奥行きがあります。

oth-bus-257.jpg

交差点などで左右に曲がるときは車両後方に乗ると前の車体が大きく首を振る様子が楽しめて迫力があります。Port Loopは運行ルートを1周する間に左折10回、右折9回、180度転回が2回あるほか、道路のカーブやバス停への到着・発車時などにも首を振るので乗るなら後ろの車体がおすすめです。

oth-bus-258.jpg

神戸のランドマークであるポートタワーの横を走る連節バスです。沿線で風景と一緒に撮るのも良し、乗車して車窓風景を楽しむのも良しです。

oth-bus-259.jpg

最後に中突堤の遊歩道から海が見える場所で撮影しました。

これからは本格運行ということで、以前管理人が実際に見に行った2019年の実証実験の時よりも運行ダイヤにゆとりがあるのか定時性を保っていたように感じました。道幅の狭いハーバーランド付近で遅れてもポートタワー前での停車時間を長めに確保することで遅延の回復を図っているようでした。これからの活躍に期待したいです。

明日は春の旅行記の続きをお送りします。また見てください。
スポンサーサイト



  1. 2021/04/13(火) 23:25:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログは管理人(20代)と管理人の父(50代)の親子でお届けする活動記です。基本的には鉄道を話題を中心に、様々な分野の話題にも取り組んで更新します。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク