FC2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

今日はだらだら語る。(ブログ・ツイッター・断捨離)

こんばんは。banban(父)です。
今日も活動ネタはありませんのでだらだら語ります。
先日からご心配をおかけしておりました、ウチのかあちゃんでしたが、日曜日に無事退院できまして、家に戻ってきてくれましたが、完全復活というわけではなく、在宅ではありますが若干のリハビリなども必要なために、少しずつではありますが家族で力を合わせて頑張っていこうということで前進して行きたいと思っております。

そんなわけでですが、活動時間・機会がこれからしばらくの間少なくなりますので、ブログとツイッターに関して少し考えてみようと思いまして、ブログの方は現在は管理人が頑張って更新してくれていることもあり、(父)は3~4日に1回程度の更新ですので、なんとか少ない活動の中でも更新することは出来そうなので、頑張って更新しようと思っておりますが、ツイッターのほうは更新ネタはたくさんあるのですが、スマホやパソコンに依存する時間が長くなりますので、基本的にはやめる方向で考えております。ただ交流のあるフォロワーさんやお世話になっているフォロワーさんも居られるので、しばらくの間はアカウント自体はブログ更新の通知と連絡用として残しておくつもりではいます。応援してくださる方もたくさん居られるのですが、ご了承いただければと思います。また動きがあるときは連絡いたします。

続きましては断捨離についてです。

hk-GMkit-17.jpg

活動時間を考えると、箪笥の肥やしではないですが、コレクションや積みキットなどを少々整理しようかと思っております。写真はGMエコノミーキットですが、現在まだ100両近くの罪庫(在庫・・)がありまして、とてもで無くても捌ける量ではないので、2/3程度を処分しようと考えております。買い取りしてもらっても大きな金額にはならないので、少しでもいい方法を考え中です。まとまりましたらまた記事にして募集するかもしれません。

hk-bike-140.jpg

あと、コレクション類も少し手放す方向で考えておりますが、高価なものは募集せずに、お世話になっている方などにこちらからお声掛けさせていただいてお譲りさせていただこうかと思っております。
今年は少しコンパクトに活動しながら、楽しめるよう頑張りたいです。
明日は管理人の記事で更新予定です。また見てください。
スポンサーサイト



  1. 2021/02/26(金) 23:13:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エコノミーキットでJR105系を作る(7.やっぱり寒い)

こんばんは。管理人です。今日は模型製作記「エコノミーキットでJR105系を作る」をお送りします。今回は車体の工作をした後に塗装をするまでの流れを掲載します。

N-jrw105-41.jpg

車体側面の扉横に印を付けました。

N-jrw105-42.jpg

今回の製作で使用したGM製品の103系用改造パーツセットに付いてくるインレタです。電動車の排熱用のルーバーや115系1000番台(他社製品)向けの雪切室通風孔、国鉄時代のJNRマークなどが収録されていています。本来こういった装飾作業は塗装が済んでから行なうものですが、車体に直接インレタを貼り付けても実車のような立体感が出ないので今回は塗装前にルーバーを立体化したいと思います。

N-jrw105-43.jpg

プラ板をルーバーインレタと同じぐらいのサイズに切り出しました。これを新戦力のピンセット君で摘んで車体に接着します。

N-jrw105-44.jpg

こんな感じになりました。程よい厚みが出せました。

N-jrw105-45.jpg

車体に付けるものは全てつけたので塗装作業に入ります。まずは車体色の白を吹付けました。

N-jrw105-46.jpg

白を塗装してから丸1日空けたら次の塗装をするために車体の裏側にマスキングテープを貼ります。

N-jrw105-47.jpg

続いて自分の手をマスキング..しません。
マスキングテープはそのまま使うと粘着力で色が捲れることがあるので、手の脂分を付けて粘着力を弱くしてから使います。

N-jrw105-48.jpg

前面の窓周り以外を全てマスキングしました。前面の色々なモールドを交わしながらテープを貼っていくので、簡単なように見えて実は手間のかかる作業です。本当はマスキングは嫌いなのですが、やらなければ前へ進みませんね。

N-jrw105-49.jpg

前面の窓周りを黒く塗ると一気に105系感が増しますね。マスキングの乱れはありませんでした。
このあとは引き続き車体の塗装を行なうほか、床下の工作も並行して進めます。次回の模型製作記では動力ユニットについて掲載する予定です。また見てください。
  1. 2021/02/25(木) 23:01:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日も小ネタ(デスクワーク!?)

こんばんは。管理人です。今日も小ネタで更新します。今回は管理人が愛用しているアイテムを紹介します。

blog-210224-1.jpg

今回紹介するのはこちらのスマホスタンドです。百円均一ショップで入手できる一般的な製品です。

blog-210224-2.jpg

スマホスタンドに自分のスマホを載せた状態でサイトの閲覧やLINEやTwitterなどのSNSが出来るので、模型製作をしながらTwitterを見る事も可能です。

blog-210224-3.jpg

模型製作の際には資料写真をスマホに表示しながらの作業も出来るので作業性が大きく向上しました。

明日は管理人の模型製作記で更新予定です。また見てください。
  1. 2021/02/24(水) 23:04:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は小ネタ((父)が使用しているカメラ達)

こんばんは。banban(父)です。
今日は祝日でしたが、普通に出勤しておりましたので、活動ネタはありませんので、小ネタで更新します。(父)が普段愛用しているカメラ達を紹介したいと思います。

blog-210223-1.jpg

まずはデジタル1眼レフです。
去年の年末に管理人にプレゼントしてもらいました、NikonのD3400です。入門機でありながら、2400万画素、ISO25600などかなりのハイスペックな機種なので、我が家のエース的な存在になるのかと思いきや、レンズは標準ズームの18-55のみで、当面AFのレンズの購入予定はありませんので、あくまでも最近の機種で撮影できるのを確認するためのカメラ、という位置付けです。
最近のカメラは基礎性能も高く、普通に撮影しても、簡単に綺麗に撮影できるのが当たり前になってきているので、楽しくないというか、物足りないというか、なんか自分で撮影しているというより、カメラに撮影してもらっているという感じのほうが強いので、機械の性能に甘えないためにも、普段はMFのレンズを装着して遊んでます。

blog-210223-3.jpg

続きましてはフィルム用の1眼レフカメラのNikon FG-20です。
このカメラは昨年、知人宅のお片付けのお礼に頂いたマニュアルフォーカスの絞り優先機です。最近使い始めましたが、ファインダー内の露出計の針を確認しながら、自分でシャッター速度を決めてフルマニュアルで撮影するのが懐かしくて、結構楽しめる上に、カメラの基礎技術の向上にもつながりますので、今年はたくさん撮影したいと思っております。レンズは28mm、50mm、135mmがありますが、このMFレンズは、デジタルのD3400にも共用できますので、その点でも活用できそうです。

blog-210223-2.jpg

フィルムカメラがもう1台。Canon A-1です。
言わずと知れた名機ですが。(父)が少年時代にとても憧れていましたが高価なために買えなくて、大人になってから(中古ですが)購入しました。当時では画期的だったデジタル表示や絞り優先やシャッター優先、プログラムモードなど、現在では当たり前な機能を40年近く前に実現していたという点でも現在のカメラの礎になったといっても過言ではない機種です。現在でも大事な写真を撮るときには使用します信頼のおける"エース"です。

blog-210223-5.jpg

あとはコンデジが2台。
1台目はNikon COOLPIX S4300です。
現在ブログで使用しております写真((父)の記事で)のほとんどがこのカメラで撮影しております。元々は日本橋のジャンク屋で2,000円くらいで購入した機種ですが、タッチパネルの操作などが使い易いのも気に入りまして、普段使いしております。旅行や外出時のスナップ撮影、模型の撮影の他、仕事で作業工程の記録写真、証明写真を撮影することもあります。昨年1年で約3,000枚撮影していましたので、1番多く撮影したカメラということになります。

blog-210223-4.jpg

2台目はNikon COOLPIX S6200です。
このカメラは現在仕事で使っていたコンデジが調子が悪くなってきたので、先日中古で購入してきました。使用条件と使用環境が悪いために新品よりも中古品のほうが都合がいいので、中古品を使いまわしておりますが、10倍ズーム機ですので、今年の目標でもあります"サイクリング撮り鉄"にも使えそうなので次回の活動で携帯しようかと思っております。

こんな感じで、複数のカメラを使っておりますが、今年もたくさん撮影できるよう頑張りたいです。
明日は管理人の記事で更新予定です。また見てください。
  1. 2021/02/23(火) 23:46:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は小ネタ(ブログ更新日程の決め方を紹介する)

こんばんは。管理人です。今日は小ネタで更新します。

当ブログは旅行記・日々の活動記・模型関連・小ネタなど様々な記事を掲載していますが、今回はそれぞれの記事の掲載順をどうやって決めているのかを紹介したいと思います。

yt-goods-2.jpg

管理人が愛用しているのがこちらの「養老鉄道ダイアリー2021」です。昨年発売された養老鉄道グッズで、新しい車両である7700系の写真が表紙に並べられています。

yt-goods-3.jpg

名前の通り今年のカレンダーで冊子になっています。中身は新たに導入された7700系6編成の搬入から試運転までの様子やそれと入れ替えに廃車となった600系列6編成の解体・搬出の記録がひと月毎に1編成ずつ掲載されています。

yt-goods-4.jpg

工場内での記録や廃車解体時の様子など一般の人が見られないような場面の記録が多く、写真の内容は大変興味深いです。

yt-goods-5.jpg

この冊子をブログ更新の日程決めに使用しています。具体的には管理人が更新する日と(父)が更新する日の割り振りをしたり、管理人の記事の中でも旅行記・活動記などのシリーズ物と模型製作記や小ネタなどとを内容の偏りが無いように掲載する順番を決めたりするのに使います。

基本的にはシリーズ物を掲載するときは、シリーズ物①→シリーズ物②→(父)→シリーズ物③→模型ネタ→(父)というようにシリーズ物の合間に別のネタを挿むことで"いつも"見ていただく方が飽きないように工夫しています。当ブログを見てくださる方が皆さん同じ好みを持っているわけではないので、色々な内容の記事を日替わりで出していく方がブログ全体のバランスが良くなります。ただ、管理人の活動パターンによっては旅行記・活動記がたくさんあっても模型製作が全然進まない場合や、逆に外での活動があまり出来なくても模型の製作は進んでいる場合などがあり、活動の内容に偏りが出るときは今回のような小ネタや過去の記録を使って記事を作ることもあります。
管理人と(父)とで予め更新する日にちを決めてはいますが、(父)の方は更新する当日にネタを考えることが多いので、更新するネタが無ければその日の更新はお休みさせていただきます。

こんな感じで当ブログの運営を行なっていきますので今後とも宜しくお願いします。明後日の管理人の記事でも小ネタを掲載する予定です。また見てください。
  1. 2021/02/22(月) 23:12:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京阪本線各駅停車ツアー(5.完、ようやく見えたゴール)

こんばんは。管理人です。今日は2月7日の「京阪本線各駅停車ツアー」の記事をお送りします。このシリーズは今回が最終回となります。祇園四条から準急と各駅停車のみで京橋まで進んできました。

kh2200-8.jpg

萱島から京橋まで乗車した2200系の各駅停車です。複々線区間でたくさんの優等列車に追い抜かれながら走ります。

kh7200-9.jpg

向かい側のホームに停車中の準急出町柳行きです。萱島で普通列車に乗り換えてゆっくりと進んでいる間に祇園四条から萱島まで乗車した7200系が淀屋橋で折り返してきました。やっぱり優等列車は速いですね。

kh13000-12.jpg

これから乗車するのは準急淀屋橋行きの13000系です。日中時間帯に枚方市・萱島から出ている各駅停車は全て中之島線に入るので、北浜と淀屋橋に行くには京橋で乗り換えが必要になります。

kh13000-13.jpg

京橋から先は全ての種別が各駅に停車します。

kh-kitahama-2.jpg

この日の目的地である北浜に到着しました。祇園四条からこの駅まで1時間40分ほどかかりました。祇園四条を出たときはまだ午前中だったのに、北浜に到着したのは昼過ぎでした。京阪本線には多くの駅があると感じました。

kh-kitahama-3.jpg

京阪本線各駅停車ツアー、これにて完結です。

明日は管理人の小ネタで更新予定です。また見てください。
  1. 2021/02/21(日) 22:56:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は小ネタ(一応模型の目標)

こんばんは。banban(父)です。
今日も仕事があり、いろいろと忙しかったので小ネタで更新します。

まだしばらくはバタバタしておりますので作業に掛かるには先の話ですが、次の模型の目標を立てました。

jnr-HO-103-56.jpg

先日、お世話になっているブロガーさんから頂きましたHOゲージの103系の再塗装にかかりたいと思います。
先日の記事でも触れましたが、しばらく家での塗装はしない方向にしますが、HOゲージは塗装は会社の倉庫裏で、足回りの整備(電気周り)は家で作業できますので、進めて行きたいと思います。一応3月中旬以降から作業にかかりたいですが状況により遅れるかもしれませんので、記事に出来るところまで進みましたら掲載したいと思います。
明日は管理人の記事で更新予定です。また見てください。
  1. 2021/02/20(土) 23:48:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京阪本線各駅停車ツアー(4.迫力の複々線)

こんばんは。管理人です。今日は昨日に引き続き「京阪本線各駅停車ツアー」の記事をお送りします。前回は準急に乗って萱島駅に到着するところまでを掲載しています。

kh7200-8.jpg

祇園四条から萱島まで乗車した準急です。東洋製GTO-VVVFインバーターの走行音がお気に入りの7200系に長い時間乗車出来ました。
準急は優等列車なので通過駅があり、出町柳~萱島の各駅に停車した後は守口市・京橋・天満橋・北浜・淀屋橋に停車します。この先の京橋や淀屋橋には早く着きますが、今回は各駅停車ツアーということでこの駅で各駅停車に乗り換えます。

kh-kayashima-2.jpg

この駅の大阪方面行きホームで見られるクスノキです。近くにある萱島神社の御神木ということで、線路が高架化されても昔と変わらない位置に生えているとのことです。

kh2200-6.jpg

これから乗車する普通中之島行きが到着しました。日中時間帯の各駅停車は枚方市~中之島と萱島~中之島の2つの運行パターンがあり、前者は一般車8両編成、後者は7両編成の運用が多いようです。

kh2200-7.jpg

今回は萱島始発の列車に乗車しました。古参車の2200系に当たりました。京阪電車は車両の内装を見ても2200系や2600系などの古参車やメカニックな昇降座席が目立つ5000系、中堅世代の6000系~9000系、最新の13000系などでそれぞれ雰囲気が異なりますので興味深いです。

kh-kayashima-3.jpg

萱島を出ると天満橋まで線路が4本並ぶ複々線区間に入ります。この区間は方向別の複々線になっていて、各駅停車が走るのは外側線(B線)で優等列車が走るのは内側線(A線)です。各駅停車が走る横を内側から特急などが追い抜いて行くところが迫力があります。

kh-owada-1.jpg

萱島の隣の大和田付近で3000系の特急列車に追い抜かれました。守口市を除いてホームが設置されていないA線を優等列車が高速で駆け抜けます。

kh-moriguchishi-1.jpg

守口市の手前で準急に追いつかれましたが、乗車中の各駅停車はこの駅で準急と連絡しているので準急とほぼ同時に駅に入線しました。

kh-takii-1.jpg

準急に追い抜かれた後も各駅停車でゆっくりと進んでいきます。複々線区間は全体的に駅間距離が短い印象があり、特に土居~滝井(写真)はホーム先端から隣の駅が至近距離で見えます。特急や準急に乗るとあっという間に京橋に着くのですが、あくまでも「各駅停車ツアー」なので1駅ずつ確実に停まりながら進みます。

kh-morishoji-1.jpg

森小路付近でも特急列車に追い抜かれました。自分は一体何をしているのだろう?

kh-kyobashi-2.jpg

ようやく京橋に到着しました。祇園四条からこの駅までで特急5本と準急1本の計6本の列車に追い抜かれました。たまにはこんな活動をしてみるのもいいかなと思いましたが、次は8000系の特急に乗りたいですね。

この後は目的地の北浜を目指すだけとなりました。このシリーズは明後日に掲載予定の次回が最終回となります。また見てください。

  1. 2021/02/19(金) 23:16:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京阪本線各駅停車ツアー(3.どんどん追い抜かれる)

こんばんは。管理人です。今日は2月7日の「京阪本線各駅停車ツアー」の記事をお送りします。前回(一昨日の記事)は祇園四条から樟葉までの乗車記を掲載しました。

kh-kuzuha-1.jpg

樟葉まで乗ってきた準急淀屋橋行きの7200系と京都方面に向かう準急出町柳行きの2200系です。京阪電車は車両の種類が多くて楽しいです。

kh2200-5.jpg

2200系の台車は見慣れない形状でした。普段あまり乗る機会の無い京阪電車はこういったポイントも新鮮に感じます。

kh-kuzuha-2.jpg

この駅でも特急に追い抜かれました。今度は8000系の列車でした。

kh7200-7.jpg

停車中に車外から乗務員室内の種別行き先表示の指令器を見てみました。ダイヤル式になっていて収録されているコマがずらっと並んでいるので夢があっていいですね。

kh2600-7.jpg

樟葉で特急に追い抜かれた後、再び準急に乗車して香里園に到着したところです。向かい側のホームには2600系が停車中でした。この形式の0番台(写真)は京阪でも古参車の部類に入るグループで、一部の車両に見られる前面の2段窓が印象的です。

kh8000-30.jpg

ここでも特急に追い抜かれました。特急は枚方市を出ると京橋まで停まらないので、枚方市で準急と特急の連絡が行なわれます。追い抜かれ続けるのも悪くない・・。

kh-neyagawa-2.jpg

寝屋川市を過ぎた辺りで車庫が見えてきます。本線が高架になっているので車庫内がよく見渡せます。

kh-kayashima-1.jpg

萱島で初めて乗り換えます。ここまで乗ってきた準急は萱島を出ると守口市まで停まらないのでこの後は各駅停車に乗り換えます。この続きは明日掲載予定です、また見てください。

  1. 2021/02/18(木) 23:34:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況報告(^^)

こんばんは。banban(父)です。
今日はブログ用の記事はありませんので、代わりに近況報告とでも言いますか、今後の目標(展開?)とでも言いますか、そのあたりをだらだらと語ります。

先日までの記事でお伝えして、皆様にもご心配をおかけしております、ウチのかあちゃんですが、無事に週末から週明けに退院できることとなりまして、我が家に戻ってきてくれるのですが、まだ戻ってきてもしばらくの間は家事などが万全に出来る状態ではありませんので、(父)が日頃は隠してますが、ここぞとばかりに温存しておりました"女子力"を発揮するときがやってきましたので、しばらくの間家事を手伝いすることになりました。
そんなわけで、かあちゃんが元の状態に近いところまで回復するまでは"鉄活"は少しセーブしますが、何もしないというのもストレスになりますので少しだけは合間を縫って活動しようと思います。

hk3331-14.jpg

しばらくの間は長い時間の活動は出来ないので、乗りつぶし系の活動はお休みします。あと模型に関しましては、溶剤(業務用系)の匂いの問題もありますので、家での塗装作業はしばらくの間お休みします。(管理人の製作に関しましては模型用の材料なので特に問題はないので進めます) 装飾や軽加工、および運動会などの活動は落ち着いてきたら再開する予定です。
そのような状況ですので、限られた時間と出来る活動を考えて、しばらくの間は"サイクリング撮り鉄"をメインにしようかと思っております。近場で3~4時間ぐらいで出来るところを中心に始めていこうかと思っておりますので、次の活動が出来るまでしばらく時間が開きますが、ご理解・ご了承いただければと思います。
ちなみに、しばらく活動ネタはありませんが、管理人の記事のストックもあまりありませんので、更新のペースは(父):管理人=1:2の割合で進めていきます。(父)は小ネタなどで更新します。
明日は管理人の記事で更新します。また見てください。
  1. 2021/02/17(水) 22:09:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク