FC2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

今日はだらだら語る。(自転車にカメラに模型など)

こんばんは。banban(父)です。
緊急事態宣言が発令されている昨今、一応住んでいる地域はエリアに含まれておりますので派手な活動は出来ませんが、前回の発令時のように何もしないというわけではなく、、コロナ対策をしながらも少しずつ活動しようという旨を説明しながら、だらだらと語ります。(次回からの記事に関連します)

hk-bike-141.jpg

緊急事態宣言が発令されている期間は、基本的に
①電車・バスなどの公共交通機関を利用しない
②大きなスーパー(イオンモールなど)やデパート、繁華街、など人の多いところに行かない。
③スーパーでの買い物(食材などの必需品)は1人で遅い時間帯など混雑していない時間帯を狙っていく
④マスク、手洗い、アルコール消毒などの徹底
などを心がけておりますが、前回の発令時とは異なり、休日の過ごし方においては少し工夫をしようと思いまして、そこで登場しますのは、(父)が長年乗っておりますロードレーサー"マルーン号初号機"です。

人と会わずに単独で行動できて、健康増進にも繋がり、鉄活も少しだけ出来るというアイテムとして活躍してもらおうと目論んでおります。そして、この自転車と共に持ち出すのは、

blog-210121-3.jpg

カメラさん達です。去年に知人から頂いたフィルムのカメラですが、今年は頑張ってフィルムカメラから鍛えなおそうと思っていた矢先に、会社の専務から大量のフィルムを頂きました。

blog-210121-1.jpg

随分昔に有効期限が切れたフィルムだそうですが、冷暗所保存(冷蔵庫及び乾燥庫)をしていたので、品質的には大丈夫だろうということなので、使ってみようと思いました。それにしても使い切れないくらいの大量のフィルムです。

blog-210121-2.jpg

そんなわけで、先日(17日)、足慣らしかたがた、自転車に乗りながら、線路際にてプチ撮影をしてきました。
人がいる(先客がいる)撮影地は避けて、誰もいない踏切や線路端などで撮影をしながら、実に40km程、自転車で移動しました。若かりし頃は片道45kmある大学まで自転車通学をしていましたので、体力とペース配分を考えながら、40~50km位は走れるだろうと思っていましたが、長い間、遠乗りはしておりませんでしたので最後はバテバテでした。この日の活動は後日記事にする予定です。
しかし、1回乗れたことで、そこそこ走れることも確信できましたので、少しずつ距離を延ばしながら今後の活動に活かしていけたらと思います。

最後は模型です。

hk-GMkit-66.jpg

昨年末にブログ・ツイッターにて募集しておりました、GMエコノミーキットの製作ですが、無事に1名様のご依頼がありましたので、中間車4両分の製作にかかっております。写真は箱組みしたところです。進捗はツイッター中心で展開しておりますが、進み具合で2回程度記事にする予定でおりますので、見ていただければ幸いです。
明日は管理人の記事で更新予定です。また見てください。
スポンサーサイト



  1. 2021/01/21(木) 23:41:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エコノミーキットでJR105系を作る(1.熟成キット)

こんばんは。管理人です。今日は新シリーズの模型製作記「エコノミーキットでJR105系を作る」を掲載します。

「流行のウィルスがまたヤバいよね~」ということで、家で出来る趣味活動として模型製作を始めました。とりあえず部材の調達に困らなさそうな作品を作りたかったので、家で熟成していたキットに手を付けてみます。

N-jrw105-1.jpg

取り出したのはグリーンマックス(以下GM)の103系用改造パーツセットという製品です。同社から発売されている101系エコノミーキットを使って色々な車種に改造するためのコンバートパーツ集で、前面パーツセット・豊富な内容の行き先表示ステッカー・インレタ・モハ102冷改車床下機器パーツなどが含まれていて夢のある製品です。

N-jrw105-2.jpg

前面パーツセットは105系・地下鉄乗り入れ103系・クハ103(初期型)の各種前面のほか、特別付録として伊豆箱根鉄道3000系の前面も付いてきます。どうやって使うんだろうコレ的なパーツが付いてくるのがGMエコノミーキットの楽しさなのであります。

N-jrw105-3.jpg

箱の裏面には各パーツの使い方が記されています。とてもわかりやすいイラスト付きです。

N-jrw105-4.jpg

今回は105系改造車(103系からの改造車で片側4扉のグループ)を製作しようと思います。トリセツ(上写真)では車体部分は101系キットを使用してくださいとのことでしたので、家で熟成していた101系の増結用中間車キットを用意しました。先頭車が含まれていませんが、乗務員室扉ぐらいはどうにでもなるのでその辺りを頑張って工作したいと思います。

N-jrw105-5.jpg

屋根と床板はあまり大きな加工をせずに作り進められそうです。おそらく先頭車と中間車は共通の屋根板になっていて、信号炎管のモールドがあります。

しばらくの間日曜日は家に居る時間が増えそうなのでじっくりと取り組みたいです。このシリーズの記事は残っている活動記の間に少しずつ掲載していきます。明日は(父)の記事で更新します。また見てください。
  1. 2021/01/20(水) 23:00:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12/27 伊豆急行線に乗りに行こう(7.完・サフィール踊り子号とすれ違う)

こんばんは。管理人です。今日は昨年末の活動記をお送りします。このシリーズは今回が最終回となります。一昨日の記事では伊豆高原駅での記録を掲載しました。

ik8000-24.jpg

これから乗車するのは普通列車熱海行きです。伊豆高原始発の6両編成ですので終点の熱海まで車両の連結解放作業はありません、

ik8000-25.jpg

8000系車両の製造銘板と東急から伊豆急に譲渡される際の改造銘板です。この形式の歴史を物語っていますね。

ik8000-26.jpg

8000系以降に登場した昔の東急の電車は前面が切妻構造(丸みや傾斜などが一切無い真っ直ぐな断面)になっていて、走行中は風の抵抗が大きいためトンネルに入るときは風圧でドンというような音がするのが特徴です。

jreE261-1.jpg

途中ですれ違った特急サフィール踊り子号のE261系です。全車グリーン車のとてもプレミアムな特急列車で、とにかく高級感が漂う列車です。ちなみに管理人はグリーン車には普通列車を含めて一度も乗ったことがありません。

ik8000-27.jpg

終点の熱海に到着したタイミングで8000系の運転席を記録しました。信号設備関係の機器以外は東急時代から大きく変わっていないような感じですね。

ik8000-28.jpg

8000系TB編成は菱形パンタグラフとシングルアームパンタグラフが1つの編成中に混在しているのがユニークです。

shinkansen-N700-25.jpg

熱海からは行きと同じく新幹線で京都まで帰ります。2020年の最後に乗った電車は2019年と同じく東海道新幹線となりました。

この日は伊豆急行線の電車を色々楽しめました。8000系も多岐にわたる形態を一通り記録出来てよかったです。
明日は管理人の別のネタで更新します。また見てください。

★おさらい(この日の活動で新たに乗車した路線・区間・距離)

伊豆急行
伊豆急行線(伊東~伊豆急下田:45.7km)
  1. 2021/01/19(火) 23:05:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は模型。(お世話になっているブロガーさんからの頂き物)

こんばんは。banban(父)です。
今日は、久しぶりに模型の記事になります。先日、いつもお世話になっているブロガーさん(PandaNEKO No.1様)から、たくさんの模型を頂きましたので、紹介させていただこうと思います。

jnr-HO-103-55.jpg

まずは大きなHOゲージの103系です。

jnr-HO-103-57.jpg

昨年にも1両(クハ103)を頂きましたが、今回は反対側の先頭車になるクモハ103を頂きました。このクモハ103には動力ユニットやパンタグラフも付けてくださいましたので、まだ線路はありませんが、動かすことも可能になりました。

jnr-HO-103-56.jpg

昨年に頂きましたクハ103と並べてみました。このクモハもクハと同じように、塗膜を完全に剥離して一から再塗装する予定です。両先頭車の整備が出来ましたら、モハ102を探すか、以前に組み立てたアリイ製のプラの103系の中間車を加工して編成にするかを検討します。大きな模型は迫力がありますので楽しみが増えて嬉しいです。

jnr-N-103-45.jpg

あと、103系はNゲージも数両頂きました。KATOのKOKUDEN仕様ですが、こちらの方は随時集めておりますので、時間が出来ましたら再塗装していきます。

jreE209-N-10.jpg

次はNゲージの209系です。
ブログでは何回か登場しております209系ですが、10両編成を集めている途中で、8両までは集まりましたが、最後のサハ2両が見つからずに苦戦しておりましたが、事情をお話させていただいたところ、写真のサハ208と、

jreE209-N-6.jpg

補修用のボディー(クハ、モハ209、モハ208)を頂けることになりました。\(^o^)/

jreE209-N-7.jpg

この209系とは別にツイッターのフォロワーさんから秋葉原で購入してきていただいた、りんかい線の70-000系のサハの床下と上の写真のモハ208のボディーを組み合わせて、

jreE209-N-8.jpg

サハ209タイプ(実際には貫通扉などの加工が必要)が出来ました。これにより、

jreE209-N-9.jpg

無事になんとか209系の10両編成が組めるようになりました。\(^o^)/
これから大運動会や、運転会などで313系5000番台と共に2枚看板として活躍してもらおうと思います。
最後になりましたが、たくさんの車両を頂きました、PandaNEKO No.1様と何度も何度も209系のサハを探してくださったフォロワーさんに御礼申し上げます。
明日は管理人の記事で更新予定です。また見てください。
  1. 2021/01/18(月) 23:11:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12/27 伊豆急行線に乗りに行こう(6.伊豆高原駅で8000系を観察する)

こんばんは。管理人です。今日も昨日に引き続き、昨年末の活動記をお送りします。昨日の記事では最後の活躍をする特急踊り子号の185系電車を掲載しました。

ik8000-16.jpg

伊豆急下田発の普通列車熱海行きが伊豆高原駅に入線するところです。8000系は3両編成で運転するときは伊豆急下田とこの駅の間でワンマン運転が行なわれます。

ik8000-17.jpg

この駅で伊豆急下田から走ってきた車両の前に3両繋いで6両編成に変わります。8000系の普通列車は伊豆急下田~伊東線熱海の区間を通しで運転する場合でも需要に合わせて編成両数を調整出来ます。

ik8000-18.jpg

TB-1編成のクモハ8257です。この編成は前面のスカートが水色に塗られているのでよく目立ちますね。

ik8000-19.jpg

連結作業を終えて6両編成になった車両が熱海へ向けて出発しました。

ik8000-20.jpg

伊豆急下田行きとして停車中のTB-4編成です。中間車のモハ8104(元デハ8157)は伊豆急8000系としては唯一の軽量車体車です。東急8000系の12次車以降の増備で採用された構造の車体で、幕板から屋根上にかけての部分に付いているRとクーラーカバーの形状が従来車との外観上の違いです。写真では左側に連結されているクモハ8254は従来車ですので車両断面の違いがわかりやすいです。

ik8000-21.jpg

同じくTB-4編成のクモハ8254のパンタグラフ周辺の記録です。クモハ8250形は東急時代はモーターが無かったクハ8000形を電装して出来た車種で、編成中のパンタグラフを2つ確保するためにクーラーを1つ撤去したところにシングルアーム式のパンタグラフが取り付けられています。パンタグラフに関連する機器類の配置や配管の取り回しも大変興味深いです。ちなみに一番前(写真左)に付いている箱はクーラー撤去による冷房能力低下を抑えるための小型クーラーです。

ik8000-22.jpg

写真中のパンタグラフの付いている車両がモハ8200形で、編成中のパンタグラフを2つ確保するために東急時代は制御装置やパンタグラフなどを装備していたデハ8100形の車体を利用して、制御機器類を撤去した上でデハ8200形から補助機器類を移設して出来た車種です。現在は制御装置が付いているクモハ8150形と電動車ユニットを組んでいます。車種変更の際にパンタグラフ周辺機器の一部が撤去されたほか、下り方がクモハとなるTA編成は2両目に連結されるモハ8200形にトイレが設けられています。

ik8000-23.jpg

写真では奥に見えるのがTA-7編成で、3両編成が15本ある8000系の中では唯一帯無しの姿で走っています。イベント企画などで東急時代の帯色を復刻されることもあるらしいです。
このシリーズは明後日に掲載する記事が最終回となります。明日は(父)の記事で更新予定です、また見てください。
  1. 2021/01/17(日) 23:00:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12/27 伊豆急行線に乗りに行こう(5.特急踊り子号の185系に乗る)

こんばんは。管理人です。今日は昨年末の活動記をお送りします。一昨日の記事では伊豆急下田駅での記録を掲載しました。

ik-shimoda-6.jpg

伊豆急下田駅に停車中のJR東日本E257系、伊豆急8000系、JR東日本185系です。どれも伊豆急行線を走る代表的な車両です。

jre185-26.jpg

これから乗車するのは特急踊り子号の185系電車です。貴重な国鉄特急型車両の生き残りですが、今度のダイヤ改正で踊り子号は完全に新型車両に統一されるので残りの活躍はあまり長くありません。特急列車に使用される185系に乗るのは今回が初めてでした。

jre185-27.jpg

伊豆急行線は車窓から海岸線が見える区間が多いです。とても綺麗な車窓風景ですね。

jre185-28.jpg

185系は側面に緑色の帯が斜めに配置されていてかっこいいです。

ik-izukogen-2.jpg

伊豆急下田から踊り子号に乗って伊豆高原で降りました。

ik-izukogen-3.jpg

伊豆高原駅には車庫が隣接していて、8000系が一度にたくさん見られるのでとても楽しい場所です。

ik2100-1.jpg

伊豆急行の観光列車「THE ROYAL EXPRESS」が車庫にいました。2100系の中でも一番新しい「アルファリゾート21」の編成を改造した列車で、定期運用は持っていないみたいです。この日は車庫内で編成を分割されていました。

ik-izukogen-4.jpg

駅の外に出てみました。

ik-izukogen-5.jpg

駅前広場が線路より高い位置にあって、そこから駅構内と車庫の一部が見渡せます。電車の屋上機器の観察にはちょうど良さそうです。
この後は駅ホームに戻り電車の撮影を続けます。明日もこの続きで更新します。また見てください。

  1. 2021/01/16(土) 23:43:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/4 阪急電車撮影記(富田駅と西向日駅で撮影)

こんばんは。banban(父)です。
今日も1/4の阪急電車撮影記です。朝から桂駅で撮影→C#7301に乗車→ツイッターのフォロワーさんと会合→正雀車庫観察と進んだ後は帰り道に撮影できるところで駅撮りしました。

hk7303-21.jpg

正雀駅から普通に乗車して、富田駅で下車しました。乗車電の7303Fを撮影。
ここからの撮影は、新しいデジカメ(NikonD3400)に古いMFのレンズ(50mm/f1.4)を装着しての撮影です。MFのカメラでもデジタル1眼でも何度も撮影している富田駅で、感覚を確かめながら撮影します。

hk1307-8.jpg

ニコンのデジタル1眼レフは古いMFのレンズが装着できるので、大変ありがたく楽しめるのですが、装着は出来てもAEの連動はしないので(出来る機種もあるみたいですが)、露出は自力で決めます。列車が来る直前に試し撮りして絞りとSSを決めるのですが、それでも微妙に外れます・・。上の写真は少しオーバーになりました。

hk5300-19.jpg

気を取り直して1枚。まあまあいい感じかなぁ。"同い年"5300Fです。50mmのレンズを装着するとAPS機換算で焦点距離が1.5倍の75mm換算になるみたいですが、元のレンズが高性能なのか線もシャープに描かれていて納得の1枚。

hk8300-30.jpg

たまたま来ました"Classic8000"装飾の8300Fも撮影できましたが、直前に少し曇ってきたのを対応できずに、ややアンダー気味に。まだまだ練習不足です・・。

hk8414-6.jpg

折角8300Fが走っていましたので、折り返しの下り列車でリベンジしようと移動します。次の撮影地は、

hk9310-7.jpg

西向日駅です。富田駅同様何度も通いました撮影地ですが、京都寄りのホーム端は先客の撮影者が5~6名いましたので、大阪寄りで待機します。

hk3329-7.jpg

時間帯も夕方に差し掛かってきましたので、光量が少なくなり、本来でしたら新しいカメラの特徴でありますISOの高感度撮影で乗り切れるのですが、折角の開放値f1.4のレンズですので、敢えてISO100に固定してチャレンジします。フィルム時代からの感覚を大切にしたいのと、カメラの性能に甘えないためにチャレンジです。

hk3427-3.jpg

ISO100に固定して、絞り値をf2.0~f2.8位に設定して撮影するとピントの合う範囲が狭くなりますので、走っている電車で、どこにピントが合っているかを確認しながら、次の列車に備えます。

hk3323-18.jpg

一応、そこそこピントは合っているみたいです。最近の機種は機械がピントを合わせてくれるので忘れられがちですが、こうして自力でピントを合わせることで、機械のありがたさも感じることが出来ます。

hk8300-31.jpg

そして本命がやってきました。ISO100でf2.5、SS1/500でまとめました。まあまあいい感じでしょうか。
今年はこんな感じで撮影も頑張りたいと思います。
明日は管理人の記事で更新予定です。また見てください。
  1. 2021/01/15(金) 23:54:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12/27 伊豆急行線に乗りに行こう(4.名産品の金目鯛を食べる)

こんばんは。管理人です。今日も昨日に引き続き昨年末の活動記を掲載します。伊豆急行線に乗って海沿いを進み終点の伊豆急下田駅に到着しました。

ik-shimoda-2.jpg

伊豆急下田駅の出場改札の様子です。昔の関所をイメージしたゲートがあります。

ik-shimoda-3.jpg

駅舎の建物はこんな感じです。駅前広場にあるヤシの木が目立ちますね。

ik-shimoda-4.jpg

下田は江戸時代末期に外国に対して開港されて鎖国状態が終わったという歴史がある土地で、駅前には開国のきっかけとなった黒船のモニュメントが設置されています。

ik-shimoda-5.jpg

この駅でお昼ご飯を食べました。伊豆急下田駅の駅弁で金目鯛弁当というものがあり、金目鯛は伊豆の名産ということでこちらをいただきました。とても身がしまっていておいしかったです。

ik8000-12.jpg

改札が始まる時間に合わせて駅構内に入れます。停車中の車両は8000系TB-7編成でした。8000系は3両編成で運転されるときはワンマン運転を行なうので先頭車にワンマンの表示があります。

ik8000-13.jpg

車内が空いていたので記録しました。TB-7編成の上り方に連結されるクモハ8252は東急時代はクハ8049という車両で大井町線を走っていたようです。
東急時代に施工された室内更新では東横線8両編成と大井町線5両編成で仕様が若干異なる上、室内更新が施工されなかった車両もあります。この車両に施工された大井町線仕様の更新は室内の化粧板が取替えられたものの、座席仕切り板の設置は省略されています。現在伊豆急行線でこの仕様の内装が見られる車両はかなり少ないです。

ik8000-14.jpg

こちらは東横線の更新車を種車とする車両の室内です。化粧板の取替えと座席仕切り板の設置が主な更新メニューで、更新当時の最新車両だった田園都市線の2000系に近い仕様になっています。

ik8000-15.jpg

純粋な先頭車(左)と伊豆急への譲渡に際して先頭車化された車両(右)の連結面です。先頭車化改造で設置された乗務員室扉付近には純粋な先頭車にある窓下部のコルゲートが無い点で見た目の印象が違ってきます。

ik8000-N-61.jpg

この日持って行った模型の伊豆急8000系を実車と並べました。実車も模型も車種はクモハ8250形で揃いました。クモハ8250形は東急時代はモーターが無かったクハを電装して出来た車種で、元からあったクーラーを1つ撤去したところにシングルアームパンタグラフが載っているのが特徴です。

jreE257-5.jpg

特急踊り子号の新型車両E257系です。この車両で国鉄型の185系を置き換えるということで、特急列車の近代化が図られます。

この続きは明後日以降に掲載予定です。明日は(父)の記事で更新予定です。また見てください。

  1. 2021/01/14(木) 23:21:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12/27 伊豆急行線に乗りに行こう(3.実車と模型の夢の共演)

こんばんは。管理人です。今日は昨年末の活動記の続きをお送りします。JR伊東線の伊東駅で伊豆急行線の乗車券を購入して再び駅構内に入るところから今回の記事はスタートです。

ik8000-8.jpg

伊東線の普通熱海行きが出発するところです。JRの路線ですが普通列車の多くが伊豆急行の車両で運行されています。

jre-ito-2.jpg

駅の切符売り場にある伊豆急行線の運賃表です。同線は伊東~伊豆急下田間の全線を乗り通すと45.7kmで運賃は1650円とかなり割高な感じがします。

ik8000-N-58.jpg

今回伊豆急行線に乗るにあたって使用する乗車券はこちらの「伊豆満喫フリーきっぷ」です。伊東~伊豆急下田の区間が乗り降り自由になるほか、特急踊り子号の自由席車両にもこの券だけで乗車出来て1900円とかなりお得です。この乗車券は伊東駅のみどりの窓口でしか購入出来ないので、列車を1本見送ってこちらを用意しました。

ik8000-9.jpg

これから乗車する普通伊豆急下田行きが到着しました。伊東線内とは別の編成ではありますが引き続き8000系に乗車します。

ik8000-N-59.jpg

南伊東で特急列車と行き違いをするために長めの停車時間がありました。この停車時間を利用して持参した模型の伊豆急8000系を実車の窓際に置いてみました。通過する特急踊り子号のE257系と夢の共演を果たせました。

ik-izukogen-1.jpg

伊豆高原には車庫があります。伊豆急では最多勢力となる8000系がたくさんいるので見ていて楽しい場所です。

ik8000-N-60.jpg

片瀬白田~伊豆稲取の区間は海岸線を走るのでとても景色が良いところです。綺麗な海を背景に模型の8000系を記録出来てよかったです。

ik8000-10.jpg

8000系の運転台です。東急の電車では標準装備のT字型ワンハンドルは伊豆急に譲渡されても使用されています。写真はTA-8編成のクモハ8158で先頭車化改造された車両です。この運転台は使用感があるので、廃車になった先頭車から流用されたのでしょうか。

ik-shimoda-1.jpg

終点の伊豆急下田に到着しました。

ik8000-11.jpg

伊豆急行線の普通列車のうち、8000系で運行される列車のほとんどは車庫のある伊豆高原駅で6両編成の後ろ3両を切り離すので、6両編成で伊豆急下田駅まで運行する8000系の列車は少ないです。
この続きは明日掲載します。この駅周辺の記録などを掲載する予定です。また見てください。

  1. 2021/01/13(水) 23:31:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/4 阪急電車撮影記(大好きなC#7301に乗車・撮影)

こんばんは。banban(父)です。
今日は、前回に引き続き1/4の活動です。夜明け前に桂駅で撮影をした後のお楽しみは、

hk7301-165.jpg

大好きなC#7301に乗車することです。
年に1度あるかのお楽しみですが、出庫するところから始まります。新しいカメラで撮影してすぐに上り列車に乗車して、京都河原町駅に先回りします。

hk8411-20.jpg

京都河原町駅で乗車する10連の快速急行の入線(桂~京都河原町は回送列車)を撮影。新しいカメラはISOの感度を上げるだけで、普通に地下駅でも動いている列車の撮影が出来ます。この日の相方は7325×2R+8311×6Rです。

hk7301-166.jpg

お目当てのC#7301が目の前にやってきました!テンションMAXです。

hk7301-167.jpg

乗車してすぐに検査表を撮影。今年は重要部検査があるでしょうか。またピカピカの姿になるのが楽しみです。

hk7301-169.jpg

他の乗客が乗ってくる前に車内も撮影できました。7300系の他の仲間が次々とリニューアルされて綺麗になっていく中、比較的オリジナルの状態を保っているC#7301ですが、朝の増結専用車みたいな位置づけですと、更新されないまま終わる可能性もあるので寂しい気もします。昭和57年製ですので今年39歳かな。(父)が小学生のときに嵐山線に始めて入線したときの感動が忘れられないまま現在に至ります。(父)の歳をとります。

hk7301-168.jpg

ついでに車番も撮影。当然のように映り込みます48歳のヤサぐれた"おっさん"(滝汗)
こんな歳になっても、やっていることは子供と変わりません・・・。

hk7301-173.jpg

そして出発して道中、睡眠タイムを経て、終点の大阪梅田駅に到着。この日はニューイヤーチケット(1日乗車券)での活動ですので、改札も出ずにそのまま往復乗車します。

hk7301-171.jpg

出発前に運転台を撮影。38~39年前に桂駅停車中に運転手さんに特別に乗務員室に入らさせていただき、マスコンハンドルを握らせていただいたのも遠い日の思い出ですが、歳をとっても鮮明に覚えています。

hk-katsura-220.jpg

桂駅まで乗車して、増結の切り離しを見た後、入庫シーンを撮影するためにC・1号線のホーム端に移動。9300系、6300系との並びを撮影。

hk7301-172.jpg

そして入庫シーンをしっかりと撮影しました。
次はいつ乗車出来るかわかりませんが、乗車・撮影できる機会が早く訪れることを期待します。
この日の活動はもう少し続きます。明日は管理人の記事で更新予定です。また見てください。
  1. 2021/01/12(火) 23:34:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク