FC2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

名鉄全線乗車企画(続編6.犬山線から知多新線へ)

こんばんは。管理人です。今日は大型シリーズ「名鉄全線乗車企画」続編の第6回の記事で更新します。今回は犬山線の犬山遊園駅からスタートです。

mt5000-8.jpg

急行岐阜行きの5000系です。3300系・3150系と似た前面を持つ形式ですが、非貫通構造である点と帯の太さが異なる点で識別できます。この形式は1000系「パノラマSuper」からの機器流用車で、走行機器だけでなくパンタグラフ・クーラー・運転席周辺機器も流用しているのでどこか古めかしい印象を受けます。

mt5000-9.jpg

これから乗車する電車も5000系でした。急行内海行きで知多新線を目指します。枇杷島分岐点まで犬山線・神宮前まで名古屋本線・太田川まで常滑線・富貴まで河和線を経て富貴からは知多新線に入ります。

mt-fuki-3.jpg

富貴(ふき)を出発するところです。複線の河和線から単線の知多新線に入ります。

mt-chitashin-line-3.jpg

知多新線は路線名に「新線」と付くように名鉄の中では開業が比較的新しく、内海まで延伸したのは1980年です。複線化を見越して当初よりそのための用地が確保されているものの現在に至るまで全線が単線となっています。架線柱や高架橋の橋脚も複線分の広さがあるのが興味深いです。

mt-chitashin-line-4.jpg

富貴~上野間(かみのま)の区間にある別曽池信号場(べっそういけしんごうじょう)です。列車の行き違いを行なわないときは進行方向に関わらず1線スルーで直線側を通過しますが、行き違い列車があるときはどちらが先に来ても進行方向左側の線路に入ることになっています。乗車した内海行きはここでは行き違いを行なわなかったので直線側を高速で通過しましたが、行き違いを行なう場合に富貴方面行きが先に来て信号待ちをする場合は内海行きが分岐側を低速で通過します。

mt-chitashin-line-5.jpg

複線分の大きさがあるトンネルを単線で使っているので広々としています。

mt-chitashin-line-6.jpg

野間~内海の区間にある未成駅の小野浦駅(仮称)です。途中まで作ったところで計画変更によってここには駅を設けないことになったので駅として開業することはありませんでした。ホームと階段が少しだけあります。

mt5000-10.jpg

終着駅が近づくにつれて乗客が少なくなってくるので乗車した5000系の車内を記録しました。車体の製造は2000年代と新しいので新型車両と比べても遜色ない仕様ですが、走行機器が流用品の直流モーターですのでモーター付き車両の床面には点検蓋があります。

mt-utsumi-7.jpg

終点の内海が近づいてきました。
この後は知多新線の各駅を順番に巡っていきます。明日もこのシリーズの続きで更新します。また見てください。
スポンサーサイト



  1. 2020/11/24(火) 22:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク