fc2ブログ

banbanさんの鉄道日記

京都在住の鉄道好きが送る活動日記です。

今日はだらだら語る。(最近の模型の進捗)

こんばんは。banban(父)です。
今日は久しぶりに模型の記事にします。最近の製作記を"だらだら"報告します。

jrw117-N-1.jpg

まずは117系です。KATOの旧製品からの塗り替えで、西日本の地域色の黄色にチャレンジしてみました。
今回は模型の塗料に比べて、色艶は格段に綺麗ですが染まりの悪いウレタン塗料の黄色を如何にして染めるかという点に着眼して挑みましたが、プライマーの白が残ったり、磨きすぎたり、結果部分的に3回塗装してしまったために、モールドが埋まったり、下地の色が残って染まりきらなかったりと、微妙な結果に・・。
ただ、失敗した部分のデータはしっかり取れましたので、次回はもう少し綺麗に出来そうな気がします。頑張ります。
このような車両ですが、ご希望な方が居られましたら、無償でお譲りいたします。秘密コメやDMなどでご連絡いただければと思います。

jreE209-N-4.jpg

次は209系と思わせておいて、"なんちゃって209系"の塗装です。
最近集めております(というよりは集めざるを得なくなった)209系ですが、10両編成にするのを目標にしておりましたが、現在8両までしか集まらず、残すところはサハ209×2両(又は、サハ209×1、サハ208×1)なのですが、なんだか調べていくうちに、209系のサハは結構希少なアイテムだということに感じるようになり、ネットでも高値で売買されているようなので、困っていましたが、せめて集まるまでの暫定措置として、他の車両から改造(再塗装)して、"なんちゃって"で誤魔化そうとしております。
ジャンク車両としてよく似た車両を探していましたところ、たまたまE231-800のサハ(マイクロエース製?)が安価で手に入りましたので、ラインカラーを変更すべく再塗装を始めたのですが、上部のラインのマスキングを細く刻もうと思って欲張った結果、散々な結果に・・。修正を余儀なくされることとなりました。上手く修正できたらまた記事にしたいと思います。頑張ります。

jnr-N-103-44.jpg

次は103系です。上の209系(もどき)にスカイブルーのラインを塗装するついでにクハ103を塗ってみました。
こちらの方はまあまあ良い感じに仕上がりましたが1両では仕方が無いので、順を追って10両編成に出来るよう頑張って塗装します。TOMIXやKATOの旧製品のジャンク車両をコツコツ集めて数が揃ってきたら京浜東北線や東海道緩行線などの編成を増やして行きたいです。頑張ります。

hk6300-n-kato-306.jpg

最後はまたまた6300系です。何度も何度もしつこいですが、絶賛嫁ぎ先募集中です・・。お嫁に行けないと次の編成に進めない、というわけではないですが、どんどん車両が溜まっていきますので何とかしたい、です・・。ご連絡お待ちしております。

そんな感じでいろいろと小ネタばかりですが頑張っておりますので、また進みましたら記事にしますので、懲りずに見ていただければ幸いです。明日は管理人の記事で更新予定です。また見てください。
  1. 2020/11/20(金) 23:30:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名鉄全線乗車企画(続編3.竹鼻線の廃線跡を巡る)

こんばんは。管理人です。今日は大型シリーズ「名鉄全線乗車企画」続編の第3回をお送りします。今回は竹鼻線江吉良駅から同線の廃線跡を歩いていきます。

mt3150-4.jpg

江吉良駅(えぎら)から少し歩いたところの踏切です。走行中の電車は新羽島行きで江吉良を出ると右にカーブします。江吉良~新羽島の羽島線と分岐するかたちで手前のほうへ続くのが竹鼻線大須方面への廃線跡です。廃線跡であることが結構はっきりとわかりますね。

mt-egira-9.jpg

ここからは廃線跡に沿って歩いていきます。かつて踏切があった場所には柵が残っていました。

mt-egira-10.jpg

線路跡には架線柱の土台が残っていました。

mt-egira-11.jpg

かつての鉄橋があったところには橋脚が今も残っていました。実際に行ってみると思っていたよりも遺構が多くあってとても面白いです。

mt-egira-12.jpg

廃線跡が左にカーブするところです。少し不自然な民家の位置や手前の柵から考えると元々線路があった場所を想像しやすいです。

mt-egira-13.jpg

上の写真の場所で一旦廃線跡から離れて進み、一つ目の交差点を左に曲がると再び廃線跡と合流できます。ここはかつて駅があった場所で、江吉良駅から1駅の牧野駅跡です。ホームが今でも残っていて、踏切から駅ホームへ上がるスロープの柵もおそらく現役当時のままであると思われます。

mt-egira-14.jpg

かつての終点である大須駅(おおす)は江吉良駅から7キロ近い距離があり歩いていく時間も体力もないので、先ほどの牧野駅跡から少し進んだところで引き返します。
竹鼻線の廃線跡を歩くうちに何箇所かで見られるのが廃線跡の空き地を活用した太陽光発電です。鉄道の廃線跡は縦に長いのが特徴なので有効な利用法だと感じました。

mt-egira-15.jpg

民家のかなり近くを走っていたんだなという印象でした。

mt3100-5.jpg

江吉良駅まで来た道を戻り、笠松行きの電車に乗りました。
この後は別の路線に乗車します。明日は(父)の記事で更新予定です。また見てください。

  1. 2020/11/19(木) 23:12:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名鉄全線乗車企画(続編2.竹鼻線江吉良駅で降りてみた)

こんばんは。管理人です。今日は大型シリーズ「名鉄全線乗車企画」の続編第2回をお送りします。前回は笠松駅で名古屋本線から竹鼻線に乗り換えるところまでを掲載しています。

mt3100-4.jpg

乗車したのは3100系です。笠松~新羽島の竹鼻線・羽島線は一部列車を除き2両編成での運行となっていますがワンマン運転ではなく車掌さんが乗務されています。

mt-egira-1.jpg

江吉良駅(えぎら)で降りました。

mt-egira-2.jpg

駅構内にある0キロポストです。笠松~江吉良が竹鼻線で江吉良~新羽島の1駅間が羽島線という感じで路線が異なり、境界駅となるこの駅に0キロポストが置かれています。江吉良を起終点とする列車はありませんので事前に調べてから乗らないと気付かないままかもしれませんね。

mt-egira-3.jpg

駅の時刻表です。概ね普通列車のみですが1時間に4本の列車本数があり、平日の一部の列車は4両編成で名古屋本線の岐阜発着になります。

mt-egira-4.jpg

駅舎です。1面1線の配線で駅員配置も無いので小さな駅です。

mt-egira-5.jpg

この駅から笠松方面に向かう線路は高架線になっています。隣駅の羽島市役所前までの間で交差する交通量の多い道路を交わすために高架化されたようです。

mt-egira-6.jpg

この駅を出て新羽島へ向かう線路は右にカーブしています。江吉良~新羽島の羽島線は東海道新幹線の岐阜羽島駅に接続する目的で作られた名鉄の中でも比較的新しい路線です。羽島線が後から出来た路線であることが分かりやすいのがこの隣の踏切になりますのでそこまで行ってみます。

mt-egira-7.jpg

急カーブの羽島線の横に直線的な空き地があります。これは笠松から江吉良を経て大須という駅まで走っていたかつての竹鼻線の廃線跡です。笠松~大須の竹鼻線の途中から羽島線が分岐していましたが、2001年に江吉良~大須の区間が廃線になったので現在は笠松~江吉良~新羽島の1本線状の運行系統となっています。

mt-egira-8.jpg

かつては江吉良駅を出てすぐのところに竹鼻線と羽島線の分岐点があったと思われます。踏切の脱輪防止ガードの不自然な途切れ方を見るとかつては線路が2本あったことが想像出来ます。
この後は竹鼻線の廃線跡を少しだけ散策して見ます。明日もこの続きで更新予定です。また見てください。

  1. 2020/11/18(水) 23:03:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(父)さんの近鉄1day乗りつぶし旅(7・終)・・河内長野駅から京都駅まで

こんばんは。banban(父)です。
今日も前回までに引き続き近鉄旅です。長々と綴りましたが今回が最終回です。

nk6000-3.jpg

前回は長野線で河内長野駅に到着するところまででしたので、折り返すところからはじめます。時間の都合上、乗車してきた電車で折り返しますので、とりあえず車止めなどを撮影して出発を待ちます。隣のホームに停車しておりましたのは南海高野線の6000系です。古参の形式ですがそろそろ置き換えの話も出ているようなので、一度ゆっくりと乗車・撮影したいですね。現存の車両では珍しくなった片開きの4ドア車両です。貴重ですね。

kt16200-5.jpg

長野線で古市まで戻り、普通列車で尺土まで乗車しました。この後は御所線に乗車するのですが、乗車電が来るまでの間に偶然"青い交響曲"がやってきました。この日2度目の遭遇です。遠くから見ると元通勤車の面影が何となく見えるかな?

kt6426-1.jpg

乗車電がやってきました。6432系(Mi26)だそうです。(自信のないのは管理人に尋ねます・・。)

kt-gose-1.jpg

数分の乗車で終点の御所駅に到着。御所線も無事完乗!
でもすぐに折り返します。

kt1135-2.jpg

御所線で尺土駅まで戻った後は、橿原神宮前まで戻り、橿原線で田原本駅までやってきました。乗車は1026系です。この時点でだいぶん暗くなってきましたが、帰りながら未乗車の路線を乗車します。

kt-nisitawa-2.jpg

次の路線は田原本線です。田原本駅と隣接している西田原本駅は駅としては別の駅のようですが、乗り換え駅としては同じ駅みたいな感じで1枚の切符で乗り通し出来るようです。大阪メトロの梅田・西梅田・東梅田みたいな感じでしょうか。でも改札口で自動改札に切符を入れるときは本当に切符が出てくるのかドキドキします。

kt8414-3.jpg

田原本線で乗車したのは復刻塗装の8000系です。新王寺駅で降車時に撮影です。無事田原本線も完乗出来ました。

kt1134-1.jpg

新王寺駅と王寺駅も田原本駅と同じように乗り換え出来るようです。王寺駅からは生駒線です。1031系に乗車。

kt8605-1.jpg

生駒駅まで乗車したあとは、西大寺経由で京都駅まで戻ってきました。

kt-kyoto-7.jpg

まる1日、たっぷりと近鉄に乗車して、未乗車路線もたくさんつぶすことが出来ましたので良かったです。また機会があれば乗りつぶししたいですね。
明日は管理人の記事で更新予定です。また見てください。
  1. 2020/11/17(火) 23:42:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名鉄全線乗車企画(続編1.待望の続編スタート)

こんばんは。管理人です。今日からは大型シリーズ「名鉄全線乗車企画」の続編が始まります。
今年の6月27日から28日にかけて名古屋鉄道(以下名鉄)の全ての路線に乗車するという企画を行ないました。名鉄の路線を全線乗車する中で気になる路線や駅、じっくりと乗りたい車両などを見つけることが出来たので、気になるネタのみに焦点を当てて活動しようというコンセプトで再び名鉄に乗ることにしました。

jrc-313-65.jpg

今回はJRの在来線で岐阜駅まで行きました。全線乗車を目指す活動ではないので、新幹線で名古屋まで行くより時間はかかるものの運賃が安くなる手段を選択しました。

jrc-gifu-10.jpg

JRの岐阜駅前に保存されている名鉄のモ510形です。この前の週の「岐阜県内の新規乗車路線を求めて」の活動とあわせて2週連続の岐阜駅訪問となりました。

mt-gifu-8.jpg

名鉄岐阜駅に来ました。JRの岐阜駅から歩いてすぐのところにあります。

mt-ticket-3.jpg

電車に乗る前に名鉄全線が2日間乗り降り自由となる「名鉄全線2DAYフリーきっぷ」を購入しました。いよいよ名鉄全線乗車企画続編のスタートです。

mt2200-4.jpg

最初に乗るのは一部特別車の特急中部国際空港行きです。

mt2200-5.jpg

特急車の2200系の一部編成とミュースカイで使用される2000系の全車、一般車の3300系・3150系の初期車に搭載されている行き先表示は名鉄独特のシステムで、三菱電機のオーロラビジョンという映像装置が電車の行き先表示に用いられています。表示幕でもLED式でもないこのシステムは液晶画面に情報を表示するようになっていて、表示を変えるときはスクロールを捲るような感じになるのでとても面白いです。このシステムは現在は鉄道車両向けには製造されていないらしいので、名鉄でも最近の新造車両はLED式の行き先表示が用いられています。

mt3100-2.jpg

回送列車の3100系です。元々は他の一般車各形式と同じ赤一色の車体でしたが、一部特別車の特急の増結車として2200系と連結して走ることもあるのでそちらに似たカラーリングへの変更が進んでいます。新しい配色では先頭部だけ赤いのが目立ちますね。

mt2200-6.jpg

一部特別車の特急に乗って最初の停車駅である笠松で降りました。

mt3100-3.jpg

この駅で竹鼻線に乗り換えます。先ほど回送列車だった3100系が岐阜から送り込まれてきました。
この後は沿線巡りをしていきます。明日は(父)の記事で更新予定です。また見てください。
  1. 2020/11/16(月) 23:20:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岐阜県内の新規乗車路線を求めて(7.帰りも211系)

こんばんは。管理人です。今日は10月24日の活動記の第7回をお送りします。この日は岐阜県内の新規乗車路線に乗る活動をしていて、JRの太多線と明知鉄道に乗車しました。このシリーズ第1弾の最終回となる今回は京都に帰るまでの記録を掲載します。

jrc-383-2.jpg

中央西線の恵那で列車を待つ間に通過した383系特急しなの号です。この駅は名古屋方にカーブがあって、振り子式電車の383系が車体を傾けて曲がるところがとてもかっこいいです。しなの号に乗りたくなってきました。

jrc-211-25.jpg

快速中津川行きの211系です。新型車両の315系の製造が発表されているので今の姿をしっかりと目に焼き付けておきたいですね。

jrc-ticket-05.jpg

帰りの乗車券です。行きは太多線に乗りたかったので京都から恵那までの乗車券を東海道線・高山線・太多線・中央西線の経路(3410円)で購入しましたが、帰りは一般的な中央西線・東海道線経由(3740円)で名古屋を通る乗車券にしました。名古屋経由の方が乗り換えは少なくなりますが高山線・太多線で美濃太田を経由する方が距離が短いので運賃は安くなります。朝に京都駅のみどりの券売機プラスで美濃太田経由の乗車券が買えなかったのは、運賃が安い方を選択して名古屋を経由すると不正乗車になるので一般客向けには発売しないのではないかと予想しました。変な経路を指定して乗車券を買うのはかなりマニアックな鉄オタぐらいだし・・・。

jrc-211-26.jpg

名古屋に到着しました。211系のモーター音をじっくりと楽しめました。落ち着く音なので好きな形式です。

jrc-nagoya-8.jpg

東海道線に乗り換えます。先発の列車は特別快速大垣行きですが、持参したコンパス時刻表で確認したところ特別快速と大垣で接続する米原行きは後発の新快速米原行きであることがわかったので、名古屋で1本待って後発の新快速に乗りました。

jrc-311-8.jpg

普通岐阜行きの311系です。とてもいい車両なので313系の活躍が目立つJR東海エリアの中でも一定の存在感がありますね。

jrc-313-64.jpg

乗車した新快速米原行きは313系の中でも特に乗り心地が良い5000番台の編成でした。JR東海の名車達を楽しめた活動でした。

oth-train-404.jpg

この日の購入品です。明知鉄道の明智駅でマフラータオルを購入しました。新型車両のアケチ100形のイラストが描かれていて素敵なデザインです。

★おさらい(今回の活動で新たに乗車した路線・区間・距離)

JR東海
太多線(美濃太田~多治見:17.8km)

明知鉄道
明知線(恵那~明智:25.1km)

★次回予告

jrc-nagoya-9.jpg

当ブログにおいて今年の2大企画となるシリーズのうちの1つ「名鉄全線乗車企画」の続編が明日から始まります。是非最初から最後まで見てください。
  1. 2020/11/15(日) 23:09:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(父)さんの近鉄1day乗りつぶし旅6)・・恩智駅から河内長野駅まで

こんばんは。banban(父)です。
今日は久しぶりに近鉄1day切符旅です。最近は(父):管理人=1:2の割合で更新しておりますので、なかなか進みませんがボチボチ頑張って更新します。
前回は山本駅から恩智駅まで歩きましたが、恩智駅から再び乗車します。

kt12200-8.jpg

恩智駅のホームで乗車電を待つ間に撮影。人気の12200系がやってきました。前回の記事で撮影しました80000系が増備されると、アーバンライナーの運用に入り、アーバンライナーが一般の特急の運用に流れてきて、一般特急車の中では古い車両である12200系が廃車になるというのは、なんとなく感じますので、記録できるときにしっかりと記録しておきたいですね。

kt2430-1.jpg

乗車電がやってきました。2410系です。車番は2430で2430系と思いきや、2410系という車両です。

kt-katashimo-1.jpg

2駅乗車して堅下駅で下車しました。
次の目的は狭軌線の未乗区間を踏破することですが、この堅下駅と道明寺線の柏原駅は歩いて移動できる距離みたいなので、歩いてみました。

jrw201-23.jpg

数分歩くとJR線路が見えてきて駅がありました。10分程度で乗り換え出来るのはありがたいですね。

jrw-kashiwara-1.jpg

駅に入ります。駅の管轄はJR西日本みたいな感じで、近鉄線は端っこに申し訳なさ程度にありました。

kt6429-2.jpg

乗車電の6432系(Mi29)です。JRの201系と2ショットです。

kt6429-3.jpg

2駅の乗車で終点の道明寺駅に到着。この時点で道明寺線を完乗できました。

kt-doumyouji-1.jpg

降りたホームの向かい側で次の乗車電を待ちます。次は長野線に向かおうと思っていましたら、タイミングよく河内長野行きが来るみたいです。

kt6053-1.jpg

6020系(C53)がやってきました。このまま終点まで乗車します。

kt6053-2.jpg

無事、終点の河内長野駅に到着。直線が多くて飛ばす区間や、カーブが多くて自然が多い区間を走ったり、結構楽しめました。この後は同じ電車で折り返し、次の路線に進みます。続きは次回以降の記事で掲載します。
明日は管理人の記事で更新します。また見てください。
  1. 2020/11/14(土) 23:44:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

岡山でのバス撮影の帰り道(11/8活動記)

こんばんは。管理人です。今日は先日掲載しました両備バスの「ソラビ」撮影からの帰り道の活動記をお送りします。岡山からJRの在来線に乗車します。

jrw381-20.jpg

岡山駅に停車中の特急やくも号です。見るたびに乗りたくなりますが次回の乗車は果たしていつ頃になるでしょうか。

jrs-2000-16.jpg

特急南風号のJR四国2000系です。「四国は一度行ったらその後に嵌るヨ」と(父)が言っていましたが管理人はどこまで四国に嵌ることになるのでしょうか。2000系の特急列車で一度旅をしてみたいです。

jrw105-50.jpg

回送列車の105系4両編成です。向かい合う先頭車はどちらもモハ105とサハ105からの先頭車化改造車で、乗務員室扉と戸袋窓の間に窓が無いのが元から先頭車だった車両との違いです。

jrw115-38.jpg

これから乗車する列車が入線してきました。山陽線の相生行きです。この日は朝がとても早かったので新大阪を6時台に出発する新幹線で岡山入りしましたが、帰りは急がないのでオーソドックスな在来線利用です。

jrw221-34.jpg

姫路に到着しました。相生で接続する赤穂線からの普通姫路行きに乗り換えました。乗車した列車は221系が所定で運用される列車でした(写真右)。東海道線・山陽線の221系も今後の動向が注目されますね。

jrw207-1000-83.jpg

姫路から西明石まで新快速に乗車して西明石で207系の普通列車に乗り換えます。急いで行かないので大好きな207系に乗れる機会ということで今回もゆっくりと進んでいきます。

jrw207-1000-84.jpg

今回乗車したのは1000番台更新車のT8編成でした。1000番台で床下機器更新を受けた車両はVVVFインバータの外箱は更新前と変わらないものの、中の一部機器のみ新しく取りかえられているみたいなので走行音も独特な音を発するところが面白いです。
運賃を安くするために三ノ宮で降りてJRから阪急に乗り換えて京都まで帰りました。短時間の活動でしたが充実していたので良かったです。
11月8日の活動記はこれで終了となります。明日は(父)の記事で更新予定です。また見てください。
  1. 2020/11/13(金) 23:15:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岐阜県内の新規乗車路線を求めて(6.明智駅に到着するヨ!)

こんばんは。管理人です。今日は10月24日の活動記「岐阜県内の新規乗車路線を求めて」の第6回をお送りします。前回はJR中央西線の恵那駅から明知鉄道に乗車するところまでを掲載しました。今回はその続きから始まります。

oth-train-395.jpg

途中の岩村駅で列車の行き違いがあります。乗車している車両は新型のアケチ100形ですが、反対方向の列車は従来型のアケチ10形でした。この顔の気動車も各地の非電化ローカル私鉄で見られます。

oth-train-396.jpg

終点の明智駅に到着しました。駅構内に留置されているのは既に引退したアケチ6形というレールバスです。

oth-train-397.jpg

駅長室横の壁には色々な種類のヘッドマークが並べて置かれています。かなり多く並んでいるので見ていて楽しいです。

oth-train-398.jpg

駅舎です。地方ローカル線ではよく見られるような雰囲気の駅です。

oth-bus-201.jpg

駅前から出ている東濃鉄道という事業者の路線バスです。JR中央西線の瑞浪駅に向かう路線です。

oth-train-399.jpg

明知鉄道の公式キャラクター「てつじい」です。駅の入口で利用者を出迎えてくれます。昨今の流行のウィルス対策でてつじいもマスクを着用していました。可愛らしいですね。

oth-train-400.jpg

この駅で保存されている車両を見に行きました。蒸気機関車のC12244号機と車掌車のヨ18080(ヨ8000形)です。この機関車はどうやら圧縮空気の力で動くことが出来るらしく、ヨ8000形を牽引して明智駅構内を走行することがあるとのことです。この日は整備中の姿を見られました。

oth-train-401.jpg

機関車が動くときは少人数ながらこの車掌車に乗れる機会があるみたいです。こういった車両に乗れること自体が少ないと思いますので新鮮かもしれませんね。

oth-train-402.jpg

帰りの列車がホームに入線するところです。駅員配置のある明智駅では手旗による合図が行なわれています。

oth-train-403.jpg

路線名は明知鉄道明知線となっていますが、終点の駅名は明智駅です。元々は路線名と同じ漢字を用いる明知駅でしたが国鉄から現在の明知鉄道に転換されるときに地名に合わせて明智駅に変更されました。
この日は下調べをあまりしなかったのですが、初乗車となる路線をじっくりと観察出来ました。とても楽しい路線でした。
このシリーズの記事は別の話題を挿みながらあと1回掲載します。明日は先日掲載しました岡山での活動記の続きで更新予定です。また見てください。
  1. 2020/11/12(木) 23:09:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

阪急正雀車庫観察(11/8・・今年11回目)

こんばんは。banban(父)です。
旅の記事がまだあるのですが、今日は日曜日の阪急正雀車庫観察記にします。今年11回目となります。

hk1406-19.jpg

いつものように車庫前の踏切からではなく、十三駅の跨線橋の上から撮影した"すみっこぐらし"の1306Fです。この日はいつもツイッターでお世話になっているフォロワーさんと一緒に正雀に行こうという話しになり、前後の予定の都合で十三駅で待ち合わせになり、空き時間を利用して撮影。なかなか撮影できなかった"すみっこ"を捕らえることが出来ました。

hk5802-7.jpg

正雀まで移動して観察を始めます。最近動きがあった5300系ですが、2両休車だった内、C#5803がC#5893に改番の上5308Fに編入されたようですが、C#5802はそのままです。残される8連は5304F、5313F、5317Fの3本ですので、いずれかの編成に編入される可能性が高そうです。

hk2352-150.jpg

いつものように2301Fにご挨拶。ご一緒したフォロワーさんと共に挨拶・撮影しました。

hk3392-11.jpg

3318Fの京都寄り先頭車C#3392が部品が抜き取られた状態で留置。搬出待ちのようでした。

hk5809-1.jpg

7連化された5308Fの中間車C#5809が留置されていました。この車両も7連化のために取り置きみたいな感じに見えます。

hk6588-5.jpg

しばらく動きの無かったC#6588ですが、床下に扇風機や配管パイプなどの道具や材料が置かれていました。この車両に関係があるのか、他の車両の作業のための仮置きかどうかは分かりませんが、気になります。

hk5414-7.jpg

工事線では9300系2編成と5313Fが工事中の様子。9300系は他にもう1編成別の号線で作業していました。

hk5909-2.jpg

工場の裏にまわると、C#5909がクーラーやパンタグラフ(京都寄りのみ)などが撤去された状態でいました。

hk-syojyaku-182.jpg

工場の出入口付近には"廃車搬出"の表示がされていましたので、当日の夜に搬出されたのでしょうか。C#5909は5300系の中では年次の新しい方の車両なので残念です。ここまで見て正雀を後にしました。お付き合いいただきましたフォロワーさんもありがとうございました。

hk7321-12.jpg

最後に1枚。
土曜日・日曜日に嵐山線の運用に入っておりました7321Fです。そろそろ紅葉のシーズンになるので多客対応でしょうか。臨時列車ではない入線は少ないので見ると嬉しいですね。
明日は管理人の記事で更新予定です。また見てください。
  1. 2020/11/11(水) 23:26:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

ban7310

Author:ban7310
banbanさんの鉄道日記へようこそ!
このブログでは鉄道を話題(主に阪急、、関西の鉄道、鉄道模型、昔の写真、たまに関東私鉄など)を中心に活動していきたいと思っています。

ご訪問ありがとうございます。

2013年10月開始です

最新コメント

いつもコメントありがとうございます!

リンク

鉄道コム様のランキングに参加しています。

鉄道コム

リンク

にほんブログ村 様のランキングに参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

リンク

最新記事

月別アーカイブ

リンク